六本木イルミネーション対決「ヒルズvsミッドタウン」の勝者は?【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その99 ―

 六本木に通って5年になりますかって、キャバクラじゃないですよ。日頃六本木でデスクワークをしており、その仕事帰りに、イルミネーションウォッチをしたので報告します。

イルミネーションバトル!「ヒルズvsミッドタウン」の勝者は? まずは六本木ヒルズ、有名なけやき坂のイルミンーションの点灯は、夕方5時から。ほぼきっかりに始まるので、彼女を連れて来て「いいかい、目を瞑って」、なんて言ってから、5時の点灯で目を明けさす芸当も可能です。初めての方にはウケるかもよ。

 けやき坂のイルミネーションのビューポイントは、けやき坂をまたぐブリッジや、ルイ・ヴィトンのブテッィク前から、東京タワーを見ること。イルミネーション洪水のなか、センターに浮かび上がる東京タワーは絶景で、安藤広重が今いたら、浮世絵にしたんじゃないですか。そうそう、ヴィトンの斜め向かいには、ハートマークがごっちゃり固まった、とてもロマンチックな撮影ポイントがあるので、そこもお見逃しなく。

 イルミネーションのタイプは、スノー&ブルーの寒色系とキャンドル&レッドの暖色系の2パターンがあり、数分おきに繰り返します。ハートもイルミネーションに連動してブルーと、レッドに点灯しますが、やっぱりハートはレッド系が似合います。ここはスマホで写真撮りまくりですね。

 ぐるりとけやき坂を歩き、一番坂の下に辿り着くと、唯一入れそうなスターバックスを発見してホッとすることでしょう。下調べをした方なら、そこよりは、ヴィトンの裏側にある「トラヤカフェ」がオススメかな。

 先ほどからヴィトンの前とか後ろとか言ってますが、このルイ・ヴィトンのブティックはあまりにも巨大で、とても目立ちます。舞い上がっている彼女が、「見るだけだから~」と言って突入し、「やっぱり欲しくなっちゃった」と、おねだりしてくるかもしれません。だったら店が閉まってる時分に行けばいいと思うでしょう。ところがこのブティック、通常で21時閉店、週末は23時閉店ですから。いや~夜店みたいに開いているので、気が抜けません。以前私も安心しきって、キャバ嬢を放牧してたら、ヴィトンに居座り出てこない。泣く泣くカードを切ったことがあります。けやき坂の魔力おそろしや~。

 一方、東京ミッドタウンのイルミネーションは、毎度お約束の芝生広場に、電飾の花畑を煌びやかに展開しています。正面エントランスにあるツリーはこじんまりだし、北寄りの小川が流れている緑道風の箇所も、イルミネーションは静かめ。六本木ヒルズが動的な「ストリート」イメージなら、東京ミッドタウンは静的な「パーク」イメージなんですか。ヒルズは商業施設が借景として重要な効果をもたらし、派手に感じます。ちなみに某イルミネーション雑誌の全国ランキングでは、ミッドタウンが5位、六本木ヒルズが6位となっています。

 そうか、ミッドタウンの方が人気なのか。静かで落ち着いているからと、認識を新たにして、芝生広場のイルミネーション、「スターライトガーデン2015」を観賞します。宇宙イメージですか、カッコ良かったです。そしてイルミネーション終了時に、スポンサー名がでっかく浮かび上がります。「TOSHIBA」って、あの東芝ですか。今年不正会計処理で世間を騒がせた企業が、でっかく名前を出しますか。逆にマイナスじゃないんですか。まあ東芝は三井グループだから仕方ないかなって、そういえばミッドタウンは三井不動産がやっているんだった。こちらの関連会社も杭打ちデータ改ざんで、イメージが悪いんじゃないですか?

 そんなわけで、ミッドタウンでは、故・川島なお美さんの旦那さんがやっている「トシ・ヨロイズカ」の応援でもしましょうか。イートインができなくても、せめてお土産を買ってあげましょう。

木村和久

木村和久

 個人的には、今年の六本木イルミネーションは、派手さとマイナスイメージがなかった六本木ヒルズの圧勝に思えました。皆さんも行ってどっちが素敵か、確かめてはいかがでしょう。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中