タモリの次はオザケン…樋口毅宏初のコラム本は「ド直球のオマージュ」

 最新刊『ドルフィン・ソングを救え!』が好調で、『週刊SPA!』(12月8日発売号より)ではプロレス小説「太陽がいっぱい」の連載開始と、小説家・樋口毅宏はいま乗りに乗っている。そんな中、またあらたな新作が!……と思いきや、まさかのサブカルコラム集。その名も『さよなら小沢健二』だ。

さよなら小沢健二

樋口毅宏のサブカルコラムを厳選収録した『さよなら小沢健二』が12月13日発売!

さらば雑司ヶ谷』『日本のセックス』『民宿雪国』など、数々のヒット小説で知られる樋口氏。それら小説に盛り込まれている膨大なオマージュは毎回話題となる。『さよなら小沢健二』はそのオマージュ&引用の源泉とも言うべきコラム集で、自他ともに認める“サブカルクソ野郎”がこれまでさまざまな雑誌や書籍、新聞などに寄稿してきたものを厳選収録し、一冊の本にまとめ上げた。

樋口:僕が目標としている作家のひとりに小林信彦という人がいて、彼も小説とコラムの両方をたくさん書いています。小説は純文学・SF・パロディ・大衆的なものなど多岐にわたっていて、『週刊文春』で長年連載しているコラムも毎回性格の悪さが出ていて楽しい(笑)。コラムは物語ではないし、雑文と言えるとも思うけど、「樋口毅宏は小説以外も面白い」と、読者に思ってほしいなと。

 タイトルにある「小沢健二」。冒頭の「小沢健二編」しかり、「はじめに」「あとがき」でもオザケンへの愛が溢れている。しかしなぜ、「さよなら」なのか。

樋口:思春期に影響を受けた人や作品には、精神的に一生支配されると言うか、価値基準を決められるところがみんなあると思うけど、僕にとって小沢健二がまさにそれ。よくも人の人生をここまで歪めてくれたな!と(笑)。この本は泥で作った、オザケンへのラブレターですよ。まあとにかく、ここでは言い切れないから、この本を手に取って! 「さよなら」の意味もわかるはず。

 先述の通り、ヒグタケ小説は膨大なオマージュに彩られている。この『さよなら小沢健二』にあるコラムは小説のそれと比べて「ド直球のオマージュ」と言えよう。今回収録された中で、特に思い入れ深い“3つ”をあげてもらった。

樋口:ん~っと、学生時代に『ロッキング・オン・ジャパン』に掲載された「ロッキング・オンなんて棄てろ 小沢で目が覚めた」はやっぱり思い入れが深いなあ。自分の名前が載っているのを見つけたあのときの空気感、背中のすべての毛穴が開いたような戦慄と興奮、まだ覚えている。今回久し振りに読み返したけど、言ってることが変わらないので笑った。俺ってちっとも成長していない。「基本を忘れない」と言えば、聞こえはいいけど。

町山智浩さんの文庫に書いた解説も印象深いな。400字詰め原稿用紙に40枚も書いているんだもん。短編小説の分量だよ。自分のせいで町山さんの文庫の本は20~30円高くなったはず。だけど町山さんも文春の担当者も怒らなかった。今でもありがたく思う。内容はこれまた町山さんに投げつけたラブレター。町山さんとの出会い、感じたこと、影響を受けたこと、それと評論家論にもなっている。世の中のクソくだらない評論家、書評家は絶対目を通したほうがいいね。

あとは、たけしさんかなあ。僕のオールタイムベストムービーは『ソナチネ』なんだけど、どうしてあの映画が素晴らしいのか、余すところなく書きました。観たことがあるけど、シーンやセリフの意味とか、気付いていない人も多いと思うのでぜひ。あのたけしさんでさえ、過去の映画作品からパクっているということがわかります。

他にもまだまだいっぱいあるなあ。僕の武器は熱量だから、と言うかそれしかないけど、どれが思い入れのあるものか、読んでもらえばすぐにわかると思いますよ。

 サブカル人生も長くなると、趣味嗜好は当然変わるもの。しかし樋口氏はブレることなく現役の“サブカル漬け人生”を送っている。

樋口:俺、別にサブカルが好きなわけではなくて、好きになったものがたまたまサブカルなものが多いだけなんだよ……。と、サブカルクソ野郎が言いそうなことを言ってみました(笑)。サブカル漬け人生のいいところも悪いところも何もないよ! 下北のインディーバンドよりも、超メジャーのミュージシャンを好きっていうほうが、よっぱど勇気がいるよ。こないだ、今年の映画興行収入ランキングが発表されたけど、ベストテンにアニメが6作、ぜーんぶテレビCMをバンバン打っていた作品。あんなにサブカル村が騒いでいた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は38位! 俺らは所詮、傍流だよ!

 樋口氏は言う。「『さよなら小沢健二』は、EXILEや西野カナ、いきものがかりを聴くような人たちに読んでほしい」。小沢健二に人生を歪められた氏はいま、他の誰かの人生を歪める気満々なのであった。

※エルパカBOOKSでは樋口毅宏直筆サイン入り『さよなら小沢健二』が買える!

ひぐちたけひろ●‘71年、東京都生まれ。’09年に『さらば雑司ヶ谷』で作家デビュー。新刊『ドルフィン・ソングを救え!』(マガジンハウス)が発売中。サブカルコラム集『さよなら小沢健二』(扶桑社)が12月13日発売。そのほか著書に『日本のセックス』『二十五の瞳』『愛される資格』など話題作多数。 なかでも『タモリ論』は大ヒットに。

<取材・文/日刊SPA!取材班>

さよなら小沢健二

サブカルクソ野郎の人生全コラム


太陽がいっぱい

プロレス界を虚実綯い交ぜで描いた珠玉の八編!

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中