「無駄を徹底的に排除しようと思った」ヤクルト・真中満監督の勝つ組織の創り方

一昨年の借金は「26」。昨年も借金「21」。開幕前の順位予想では最下位予想が多数を占めた東京ヤクルトスワローズ。就任1年目、44歳の青年監督・真中満はそんな弱小チームをリーグ優勝に導いた。

「ツバメ改革」に倣うかのように、チーム改革に乗り出す


東京ヤクルトスワローズ 44歳の青年監督・真中満

球団史上初となる前年最下位からのリーグ優勝を成し遂げた

 春季キャンプ中、新人監督・真中満はトレーニングコーチに注文をつけた。

「僕の理想は『10時半にダッシュ3本をやる』と決めたら、その前に選手各自がコンディションを整えて、10時半になった瞬間に全力ダッシュして終わるアップです」

 真中の理想を聞いたフィジカルコーチは「若手もいるし、できない者もいる。ケガは困るので、ある程度は管理させてほしい」と意見した。真中はそれを呑んだうえで、「では一クールに1回とかキャンプ中盤に取り入れてみたらどうか?」と提案した。

「無駄を徹底的に排除しようと思った」


 選手に自主性を求める指導者は多い。しかし真中は、コーチ陣にも自主性を求めた。コーチの意見を聞かないと、誰も監督に意見をしなくなる。選手はもちろん、コーチにも自主的に練習に取り組む環境をつくらせたかったと言う。

「サラリーマンが悪いとは言いませんけど、上司が5時半まで会社にいたら、部下は先には帰れない。上司が8時に出勤していたら、部下はなんとなく7時半に出勤してしまう。そんな雰囲気はやめようって話をした。僕より先にコーチが上がってもいいし、選手も全体練習が終わったのなら構わない。9時にミーティング開始なら、9時前に来てもらえればそれでいい。そうすることで選手もコーチも、自分で本当に必要なことを見つけてやり始める。球界全体には、無駄な時間が多い。無駄を徹底的に排除しようと取り組んだんです。だから僕がこうして(練習後の取材対応で)話している間に、先に帰っちゃうコーチもいますよ(笑)」

 真中が自主性を求めたコーチ陣に関しては興味深い証言がある。リーグ優勝を決めた阪神戦の直後、神宮球場のグラウンド内でビールかけが行われた。とある関係者は「コーチたちがあんなにはしゃいでいるビールかけは見たことない」と断言した。それは’90年代のスワローズ黄金期を支えた現在のコーチ陣が、ビールかけの楽しさを熟知しているという単純な理由だけではなさそうだ。

三木肇コーチ(中)。野村克則コーチ(右)

キャッチボール革命の生みの親、三木肇コーチ(中)。野村克則コーチ(右)はモチベーターとして選手を鼓舞した。

「こうして優勝すると、メディアには山田が打って、監督が采配を振るって勝ったと取り上げられがちだけど、ウチのコーチひとりひとりが『優勝はオレの手柄だ!』くらい思っているはずだし、そう思ってもらって、来年は選手より燃えてくれれば面白いですよね」

 そんな真中の姿勢には、球界特有の“慣習”に対するアンチテーゼを感じる。

「自分が監督を辞めたとき、『三木、残ってくれ』『カツノリ(野村克則・バッテリコーチ)も残ってくれ』『宮出(隆自・打撃コーチ)、お前も残ってくれ』と球団に請われ、コーチたちがコーチ業を続けられるのが僕の理想。だから“真中内閣”を形成するのではなく、自分たちの色を出してやってほしい。そうすれば仮に僕が外れても、有能な人材は必ず組織に残っていくし、他球団にも行く。監督が退けば仕えたコーチ陣も辞めるという球界の慣習は払拭したいんです」

取材・文/小島克典 撮影/ヤナガワゴーッ! 再構成/SPA!編集部
― 真中式[勝つ組織の創り方] ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中