サイゼリヤで大盤振る舞いの神様、その心は?――連続投資小説「おかねのかみさま」

みなさまこんにゃちは大川です。

連続投資小説『おかねのかみさま』連載の14回めです。

本日12月12日発売の¥en SPA!に神様ファミリーが出張しておりますので、本編とあわせてぜひお楽しみ下さい。

※⇒前回「Aラン女子大生 美琴」

〈登場人物紹介〉
健太(健) 平凡な大学生。神様に師事しながら世界の仕組みを学んでいる
神様(神) お金の世界の法則と矛盾に精通。B級グルメへの造詣も深い
死神(死) 浮き沈みの激しくなった人間のそばに現れる。謙虚かつ無邪気

〈第14回 これも何かのご縁です〉
「…」

「スタスタスタスタ」

「!!!!!なんですか!」

「ナンデモナイ」

「なんでもなくないでしょ!ずっとついてきてるし!」

「オナカスイタ」

「え?」

「オナカ…スイタ…」

「そんなこと言われても…」

「シクシク…」

「なんか食べたらいいじゃないですか」

「シクシク…」

「どうしました?」

「あ、さっきの」

「さきほどはどうもありがとう。そちらの方、泣いてるみたいですが何かあったんですか?」

「いえ、なんかこのひとが、オナカスイタって」

「…」

「それはいけませんね。かわいそうに。せっかくですからさっき席を譲っていただいたお礼に、私がお二人になにかごちそうしましょうか」

「へ?」

※   ※   ※

「はい。わたしも晩ごはんを食べてませんし、お嬢さんもサイゼリヤがお好きとのことですから、もしよかったらこちらの方とご一緒にいかがかなと思いまして」

「なんでサイゼリヤが好きなこと知ってるんですか?」

「さっきの電車でけっこう大きな声で自己紹介なさってましたから」

「…」

「フォカッチャタベタイ」

「!!!?」

「フォッカチオです。フォッカチオ」

「でも…わたし…そこまでしていただかなくても…それに、駅からもうずいぶん離れちゃったし…」

「国道のほうに出ればもう一軒サイゼリヤがあります」

「お詳しい…んですね…」

「えぇ」

「だけど…わるいです。そこまでしていただくのは…」

「だいじょうぶ。これも何かのご縁です」

「でも…」
ぐぅ

「コノコ,オナカナッタ」

「…」

「ま、いきましょうか」

—-サイゼリヤ久里浜店

「いらっしゃいませー、なんめいさまですか?」

「3人で」

「こちらへどうぞー」

「さて、何をたべましょうかね」

「フォカッチャ!!」

「フォッカチオです。頼みましょう。あと、えーと、お名前は?」

「みことです…うつくしいに、琴で」

「美琴さん。いいお名前ですねー。何になさいますか?」

「じゃあ、アラビアータいただきます」

「そちらの…」

「ニガミデス」

「ニガミさん。フォッカチオと何になさいますか?」

「コエビサラダ」
「はい」

「タマネギスープ」
「はい」

「エスカルゴ」
「はい」

「ホウレンソウ」
「はい」

「モッツァレラトマト」
「はい」

「ミラノサラミ」
「はい」

「エスカルゴ」
「さっき言いましたね」

「ミラノドリア」
「はい」

「イタリアンプリン」
「はい」

「ティラミス」
「はい」

「グラスアカワイン」
「わかりました」

「(ずうずうしい…)」

「すいません。注文おねがいします」

「はいただいまー」

「フォッカッチャ,コエビサラダ,タマネギスープ,エスカルゴ,…」

「そうだ、自己紹介をさせていただくのを忘れてました」

「あ、はい」

「私、おかねのかみさまと申します」

「へ?」

「ホウレンソウ,モッツァレラトマト,エスカルゴ,…」

次回へつづく

【大川弘一(おおかわ・こういち)】
1970年、埼玉県生まれ。経営コンサルタント、ポーカープレイヤー。株式会社まぐまぐ創業者。慶応義塾大学商学部を中退後、酒販コンサルチェーンKLCで学び95年に独立。97年に株式会社まぐまぐを設立後、メールマガジンの配信事業を行う。99年に設立した子会社は日本最短記録(364日)で上場したが、その後10年間あらゆる地雷を踏んづける。

Twitterアカウント
https://twitter.com/daiokawa

2011年創刊メルマガ《頻繁》
http://www.mag2.com/m/0001289496.html

「大井戸塾」
http://hilltop.academy/
井戸実氏とともに運営している起業塾

〈イラスト/松原ひろみ〉

逆境エブリデイ

総移動距離96,000キロメートル! 大川弘一がフルスピードで駆け抜けた400日間全記録

この特集の記事一覧

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中