「酔っ払ったあとのお持ち帰りSEX」60%がアリ! 普通の20代女子アンケート調査より

綺麗に着飾り、男女問わず人脈豊富で、遊び上手。SNSでも「リア充」をアピールしまくる“20代キラキラ女子”。彼女たちはSEX観もキラキラしているのか? 100人調査で浮かび上がった実態とは――

お酒に対しては緩いが財布の紐は固い【シチュエーション】


 理想の高そうなキラキラ女子はお持ち帰りのシチュエーションも重要視するかと思いきや、意外に学生ノリの名残も。「大量に飲んだあとのSEX」には約60%がアリと回答。「酔っ払ったら寝たいし、よほど気分が悪くなければOKですね」(24歳・アパレル)とアルコールに対する警戒心は薄め。「泥酔SEX楽しい!」(22歳・学生)なんて声もあるが、体力的に厳しいのか年齢が上になるほどナシになるのは覚えておきたいところ。

お酒に対しては緩いが財布の紐は固い【シチュエーション】 “酔える”ことは持ち帰る場所でも重要だ。例えば漫喫やカラオケでのSEXは87%がナシ寄り。「カラオケでSEXするなんて、高校生じゃないんだから……」(29歳・医療系)と一刀両断するコメントが殺到した。

 また、学生の宅飲みでありがちな「同室あるいは隣室に友人などがいるのにする」も76%がナシ判定で、「声を潜めてSEXなんて、集中できないし、バレたら面倒になることをわかってない」(25歳・事務)と眉をひそめる結果に。

 ただ、セレブ志向だけにラグジュアリーホテルを求めるかと思いきや、新しい相手との初SEXで、ラブホに抵抗があるかという質問には76%がナシと回答した。「一発目で自宅は怖いし、ラブホぐらいでOK」(27歳・商社)と案外最初のお持ち帰りには許容範囲が広いようだ。

 しかし、残念ながら支払いについては約半数が割り勘ナシ!

「お互い学生やフリーターなら許せるけど、社会人は無理」(29歳・中学校教師)、「きっちり半々は萎える」(24歳・ライター)など、少なくとも完全に割り勘にするのはご法度だ。

 正式に交際に発展してからは、自己顕示欲の強い彼女たちに付き合う必要があるようで、「場合による」を含め、「イベント日くらいはいいホテルで抱かれたい」は、約70%がYES。ココでは「記念日などは大切にしたい」(23歳・学生)という彼女たちがSNSに写真をあげたい欲を叶えるために、ひとつラグジュアリーホテルを予約したほうがよさそうだ。

 キラキラ女子が好むといわれるサプライズも「事前にその日SEXするかを把握しておきたい」が49%アリに寄った。ただ、30%はナシ回答だったので、「やっぱり記念日に急にホテルのキーを渡されたらドキッとする」(23歳・アパレル)など、意識が高く永久脱毛してそうな女性ならば突然もありか?

【新常識!】
落ち着いてSEXができるなら、おおむね場所には寛容

<シチュエーション アンケート結果>

●65%…社会人なのにラブホテルでSEX
●61%…大量に飲んだあとのSEX
●53%…イベント日くらいは、いいホテルで抱かれたい
●49%…事前にその日SEXするかを把握しておきたい
●34%…ラブホ代を割り勘する
・17%…同室あるいは隣室に友人などがいる状態でSEX
・16%…新しい相手との初SEXでラブホテルを使うのは嫌だ
・11%…漫喫やカラオケでもあまり気にならない

※調査方法:街頭や知人のツテ、ネットなどを通じて集めた20代の「キラキラ女子」100人を対象。各質問「ナシ」から「アリ」までを5段階に分けて回答してもらった。表は上から、「アリ」と「ややアリ」が多かったものとなっており、数値はその合算値

※写真はイメージです
― 20代キラキラ女子の[SEX新常識] ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中