「キスフレ、ソフレよりもSEXの相手が欲しい」20代女子100人に調査

綺麗に着飾り、男女問わず人脈豊富で、遊び上手。SNSでも「リア充」をアピールしまくる“20代キラキラ女子”。彼女たちはSEX観もキラキラしているのか? 100人調査で浮かび上がった実態とは――

実はキラキラではなくギラギラ女子だった!【SEX対象】


 女を磨いて高収入なイケメンをゲット……というイメージのあるキラキラ女子だが、意外にもイケメンとSEXしたいかという質問には、40%近くがNOと回答。また、YESでも、「自分がフリーのときならイケメンにグッとくることもあるけど、SEXしても記念受験的な感覚かな(笑)」(25歳・出版)など、決して顔は重要視されていない。「顔も収入もあまり気にしたことがない」(27歳・金融)など、男から見たキラキラ女子の印象と、現実の彼女たちの表情には差があるようだ。

実はキラキラではなくギラギラ女子だった!【SEX対象】 同じく、メディアやネット上で現在20代女子の間ではやっているとされている“キスフレ”や“ソフレ”もアンケートではナシが勝った。「いないけど、いてもいいと思う」(27歳・派遣)と、「場合による」と回答するケースや、20代前半の学生からはアリの声もあったが、「単純に気持ち悪い」(28歳・SE)、「キスだけしたいという欲望はないので不要。基本的にキスしたい人はSEXもしたい人」(29歳・医療)と、大半は否定的。ソフレは57%、キスフレは72%の20代女子がキッパリナシと答えた。

 世間では「人肌に触れられればSEXはいらない」というふわふわした虚像がつくり上げられている20代女子だが、むしろ実際はSEXにどん欲。それを象徴するのが、セフレはアリという結果! 回答者の42%がアリ、もしくはややアリと答え、僅差でナシを上回った。「割り切れるなら、楽な関係でいいと思う。もちろん性病持ってなさそうな人がいいから、ヤリチン自慢している男友達とかはキツい」(29歳・宝飾品販売)、「お互い納得したうえで、今カレに不満だったら一時的にセフレをつくるのもアリ」(24歳・公務員)など、「遊び」というよりは「補完」、かつ短期間ならセフレもオッケーなようだ。

 こうなると「体だけの関係がアリなら、ナンパもオッケー!?」と思ってしまいがちだが、こちらは約7割がナシという結果に。なかには「身元が割れていればオッケー」(25歳・フリーター)、「飲み屋で仲良くなった男なら」(24歳・バーテンダー)というケースもあったが、総じて“ストナン”はNG。「どういう男かわからないから」(29歳・バーテンダー)と、安全性に配慮した結果のようだ。

 もっともアリに振れていたのは、「SEXよりもいちゃいちゃするほうが好き」という質問。「結局、ふわふわしてるじゃねえか!」と思いたくなるが、アンケートの詳細を見ると、実際はSEXの前戯としての側面が強かった。「手をつないだり、ハグするのは好き。でもSEXありきだよ」(28歳・営業)、「やっぱりイチャイチャしてると嬉しい。SEXには敵いませんが」(25歳・デザイナー)など、いちゃいちゃが好きなのは、あくまで最後にSEXというゴールがあるから。ナシの回答でも「いちゃいちゃしたら基本SEXもするから」といった声があり、SEXに関してはキラキラというより、ギラギラ女子という呼び名が正しいだろう。

 また、「SEXよりもオナニーが楽」という質問でも、57%がNOに寄っており、「フリーのときだと相手を見つけるのが面倒」(26歳・保育士)など、場合によるケースでも、まずはSEXありきという比重が大きかった。

 そして、やはり一番気になるのは「40代以上の男性とのSEX」。この質問では、なんと約6割が肯定的な回答! 「否定する理由がない。話も合うし、何度か40代の人と付き合ったこともあります」(27歳・不動産)、「相手の出方、要求によっては全然アリ」(28歳・接客)など、「40代が好き!」とまではいかないが、SEXの対象としては確実に守備範囲に入っていた。

 実は肉食系な20代キラキラ女子のSEXにおいて、相手の年齢や立場、肩書は関係ないのだ!

【新常識!】
キスフレ、ソフレよりも、年齢を問わずSEXの相手が欲しい

<SEX対象 アンケート結果>

●62%…SEXよりもいちゃいちゃするほうが好き
●57%…40代以上の男性とのSEX
●46%…復縁SEX
●42%…セフレ
・30%…顔がかっこいいとSEXしてみようと思う
・26%…ソフレ(添い寝だけの男友達)
・19%…彼女持ちの男
・12%…ナンパしてきた男
・8%…キスフレ(キスだけの男友達)

※調査方法:街頭や知人のツテ、ネットなどを通じて集めた20代の「キラキラ女子」100人を対象。各質問「ナシ」から「アリ」までを5段階に分けて回答してもらった。表は上から、「アリ」と「ややアリ」が多かったものとなっており、数値はその合算値

※写真はイメージです
― 20代キラキラ女子の[SEX新常識] ―

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中