祝!誕生日 17歳Hカップ黒ギャル支配人・このみん、リムジンに乗って18歳の野望を語る

 2015年7月、「日刊SPA!」にインタビュー記事が掲載されるや、17歳にして秋葉原のカフェ&バーの支配人を務めるという異色の経歴とHカップのセクシーバディで大きな注目を集めた黒ギャル、このみん。

このみん、リムジンでパーティー! その後、10着のビキニ姿の人気投票を募った記事その結果発表記事で活躍してくれたこのみんが、もうすぐ18歳を迎えるという。

 そこで「日刊SPA!」編集部は、彼女を職場である秋葉原から連れ出し、12月21日の誕生日より少し早めに18歳の訪れを祝うことにした。

リムジンでパーティー!


このみん、リムジンでパーティー! 今回は、パセラリゾートが提供する「パセラのリムジン女子会」の協力のもと、冬だからこそ美しい写真が撮れる都内のイルミネーションスポットをめぐることに。都内の絶好写真スポットを知り尽くしたリムジンドライバーさんが自信をもって案内してくれた3つの場所。そこで輝くこのみんをご覧あれ!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1006242

このみん、リムジンでパーティー! このみん、リムジンでパーティー! このみん、リムジンでパーティー!

17歳の1年で感じたこと


 今回は、このみんが支配人を務める秋葉原のカフェ&バー「タレントリゾートカフェ そうだ!タレントに会いに行こう!」の仕事仲間と一緒に、東京タワー・レインボーブリッジ・丸の内をまわった。

このみん、リムジンでパーティー! このみんへのインタビューとともにお送りしていこう。(注:写真の中のシャンパン風の飲み物は、ノンアルコールのジュースです)

――17歳の1年間を振り返って、どうでしたか?

このみん「振り返れば、ありえない経験ばかりさせてもらいました。同世代が学校で勉強してるなか、ほぼ休みなしで働き、空いた時間は美容やオシャレに…。ただ私は、ごく普通の真面目に生きていく人生だけが正しい人生だとは思いません。

 そうやって仕事に一直線になることで、大体のことも真面目に一直線になるものですね。前はすべてが曖昧で適当だった気がします。努力は達成してから努力したと言えるんだと思いますが、本当に努力してるときって自分でも努力してることに気づかないもの。私の場合、仕事が楽しかったからかもしれないですが」

このみん、リムジンでパーティー!――何か学んだことはありますか?

このみん「今までの私は“お金がすべて”で生きてきました。でも、この仕事をして自分についてきてくれる人が増えていくうちに、お金じゃ買えないモノがお金を生む…ということに気付きました。

 私に関して言えば、お店で働く女のコたちですね。お金より、彼女たちを優先して物事を考え接することで、みんなそれぞれ積極的に頑張ってくれて、それが結局良い売り上げをつくります。

 だから、優先順位をお金から周りに変えました。私なんかに言われても説得力ないと思いますが、誰かの上に立つ人には凄く大事なことだと思います」

このみん、リムジンでパーティー!

18歳でやりたいこと


――18歳では、どんなことに挑戦したいですか?

このみん「18歳は単純に、やれることが増えますよね。風営法の扱いが変わるから仕事できる時間が増えるし、やれる範囲も広がる。それが楽しみです。あと、来年の夏の参院選から18歳も有権者になるじゃないですか。はじめての選挙も、すごく楽しみです。投票するうえで社会のことをしっかり知らないといけないので、勉強しようと思います」

このみん、リムジンでパーティー! さらに、18歳では「英語も勉強したい」と話していたこのみん。最後に、印象的なことを言っていた。

このみん「18歳になるということは、いままで頼ってきた“17歳ブランディング”が使えなくなるんですよ。日刊SPA!さんをはじめいろんなメディアさんに取り上げてもらったのも、私が17歳だったからだろうなとも思ってます。

 だから18歳は、ひとりの人間として認めてもらえるように、より一層まわりの人たちを大切にしながら仕事や勉強に頑張っていきたいですね」

このみん、リムジンでパーティー! 17歳という価値が使えなくなる…。彼女がここまで自分を冷静かつ客観的に見ていることに、記者は驚きを禁じ得なかった。

 この賢明さと一生懸命さ、そして自ら“武器”と語るセクシーさで、18歳のこのみんはより飛躍していくことだろう。誕生日、おめでとう!

このみん、リムジンでパーティー!⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1006242

※協力:「パセラのリムジン女子会」
http://www.pasela.co.jp/event/jyoshikai/platinum/index.html

17歳Hカップの黒ギャル支配人「このみん」の水着撮影会

⇒前回の「このみんの水着撮影会――最強のビキニはどれだ?」はこちら

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/長谷英史>

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中