欧州の難民流入ルートが、ドラッグ密輸の温床と化している!?

 シリアでの紛争をきっかけに、欧州を、そして世界を揺るがしている難民問題。紛争や貧困により、中東・アフリカから欧州に避難する難民が数十万人規模に達している。

 ニュースでは追い立てられる難民たちや、バスで大勢移動する難民たちの姿が報道されていたが、実際のところはどうなのか。海外危険地帯から裏社会、国際ビジネスまで幅広く取材している丸山ゴンザレス氏が、ギリシャからドイツへ向かう難民の「バルカンルート」を取材した。

=================

ハシシをガラスパイプに入れて吸う難民

ハシシをガラスパイプに入れて吸う難民。このあと会話にならないほどキマっていた。

 アテネ市内の公園にいた難民男性を見ていると、どうも目が虚ろで様子がおかしい。

「ドラッグやってる?」

 筆者が声をかけると仲間が続々と集まり、「何を聞いているんだ。やめろ」と掴みかかってきた。それをどうにかいなし、彼らにも質問をぶつけた。

「あなたたちは難民ですか?」

「そうだ。カシミールから来た。ここにはアフガニスタンやイラクから来た奴もいる」

 辺りにいる人々の身なりや顔立ちをみると難民であることは間違いなかったが、大半がドラッグをキメているようだった。

「コレを買いに来たのか?」

 そう言って男がポケットから出したのは、ビニール袋に入ったハシシ(大麻樹脂)だった。

「国を出るときに持ってきたんだ。売って旅の資金にするのさ。あんたも買っていけよ」

 私が「買わない」と言うと男は露骨に態度を変え、それ以上何も答えてくれなくなった。別の男は、ガラスパイプをライターで炙って温めていた。

「ハシシは荷物の中に入れてきた。調べられたりしなかったよ」

 パリの同時多発テロ以降、難民に紛れたテロリストや武器流入が懸念されているが、ドラッグ密輸にも、これほど最適な状況はない。しかし、こうした恰好の“資金源”を持ち込んでいるはずの彼らはなぜ、いつまでもアテネに留まっているのだろうか。

「最初はコレを売ってカネにするつもりだったんだけど、つい吸ってしまって……今は連絡をとっている友達が持ってきてくれるのを待っているんだ」

 難民キャンプでは女性のレイプ被害なども発生している。難民問題は、どこにでもある“社会の清濁”もろとも受け入れることになるだけに、根が深い。

※12/15発売の週刊SPA!では、「独占ルポ 丸山ゴンザレスが欧州難民とドイツへ向かってみた」というルポルタージュを掲載中

週刊SPA!12/22号(12/15発売)

表紙の人/ 電気グルーヴ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中