仏勲章受章 谷口ジロー氏「日本でももっと評価して」

 ロング&ベストセラー『孤独のグルメ』(原作/久住昌之、小社刊)でおなじみの漫画家・谷口ジロー氏が、フランスの芸術文化勲章のひとつであるシュバリエ章を受章した。さっそくお祝いの電話をしてみたところ、「受章といっても、勲記(授章の証書)が送られてきただけで、授章式がどうとかも決まってなくて。だから、実感はないんですけど、やっぱりうれしいですね」と谷口氏。

 谷口氏の作品は以前より海外で高く評価されており、これまでにもフランスのアングレーム国際マンガ祭最優秀脚本賞・最優秀美術賞、イタリアのマエストロ・デル・フメット(マンガの巨匠)賞など、数多くの賞を受賞している。とはいえ、今回はマンガの賞ではなく、広く芸術文化全般を対象とした勲章だけに、谷口氏も格別の喜びがあるようだ。

「こういう名誉ある章をいただくということは、海外で自分のマンガが読まれていて、それが評価されているということでしょうから、すごくうれしく思います。できれば、日本でももっと評価していただければ(笑)」

 いやいや、国内でも小学館漫画賞、日本漫画家協会賞、手塚治虫文化賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞など、主だった賞はすべて受賞してるんだから、決して評価されていないわけじゃない。ただ、鳥取県倉吉市を舞台にした『遥かな町へ』がベルギー、ルクセンブルク、フランス、ドイツの共同製作で映画化されたりしているのを見ると、「なぜ日本で映画化されないの?」という疑問は湧く。もっとも、ヘタに映画化したところで原作を超えられないだろうとは思うけど。

 伊能忠敬と思しき男が江戸の町を歩く最新作『ふらり。』も話題。また、SPA!2011年6月28日発売号には、待望の『孤独のグルメ』新作が登場する。“世界の巨匠”谷口ジローが生み出す作品群から、今後も目が離せない。

孤独のグルメ 【新装版】


遥かな町へ (ビッグコミックススペシャル)


ふらり。 (KCデラックス)


取材・文/新保信長

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中