凶器「画びょう」との出会い――若きデスマッチファイター正岡大介の素顔

プ女子ライター・尾崎ムギ子のプロレスレポート


⇒【前編】はこちら

◆凶器との出会い

「狂っている」「キチガイ」――プロレスラーにとって、賛辞である。非日常を求める観客は、「こいつ、ヤバいぞ」と感じた瞬間、一気にそのレスラーの世界に惹き込まれる。カリスマ葛西純の試合は、“キチガイコール”が巻き起こる。……「キチガイ! キチガイ!」

 正岡は、どうだろうか。

若きデスマッチファイターの素顔 FREEDOMS代表・佐々木貴曰く、「突き抜けたバカ」。デスマッチは恐怖心との戦い。正岡には、その恐怖心という“人間としての感覚”が欠如している。画びょうでも蛍光灯でも、なんでもかんでもリングに持ち込む。凶器を持ち込めば、試合が面白くなるだろうという単純さだ。

 しかし体が小さいため、持ち込んだ凶器で自分がやられてしまう。「バカだから、自分が小さいっていうことも、たぶん気づいてないんですよ」と笑う佐々木の目は、誇らしげだ。こんなやつ、滅多にいないですよ、と。

 正岡の得意アイテムは、「画びょう」。両手いっぱいの画びょうを、力の限り握る。血が、ドバドバドバと、リングを赤く染める。数ある凶器の中、なぜ画びょうなのか?

若きデスマッチファイターの素顔「画びょうって、足で踏んだ経験、みんなあるじゃないですか。だから痛みがお客さんに伝わりやすいんですよね。初めて握ったとき、ものすごく痛かったんです。こんなに痛いのか、と。これは相手も痛いに違いないだろうと思って、それからずっと画びょうを使ってます」

 ついには「画びょう十字架ボード」を考案し、“手作り”してしまった。

「ボードに木工用ボンドを塗りたくって、画びょうを一つ一つ置いていくっていう、すごい地味な作業なんですけど(笑)。試合で使ったら、それはもう、想像を絶する痛さで……あれはやっちゃダメだなと思いました。でもまた出したいですね」

 凶器と痛みについて、喜々として話す正岡は、まるで少年のようだ。少年のように、無邪気で、危うい。

◆葛西純という壁

 今年11月の記者会見で、初めてメインのシングルマッチに出場することが発表された。「死ぬ気でデスマッチやります」と意気込む正岡に対し、カリスマ葛西純は言った。「死ぬ気でデスマッチやってどうする。生きるためのデスマッチを教えてやる」――。

若きデスマッチファイターの素顔 “生きるためのデスマッチ”って、なんだろう。考えても考えても、分からぬまま、大会当日を迎えた。そして試合中、ハッとした。

「葛西純をコーナーに追い詰めたとき、お客さんの『いけ!』っていう声が、鮮明に聞こえてきたんです。そのとき、お客さんの声が、自分にとって生きる活力なんだと思いました。リングは死ぬ場所じゃないんですよね。死んだらお客さんを楽しませられないですから」

 観客を楽しませることがすべて、と言う。

 試合後のマイクで、「来年中に、必ず葛西純を倒す」と宣言した。マイクの内容は、事前に考えない。マイクを渡されたとき浮かんだことを、そのまま吐き出す。葛西純を、“すぐに”ではなく、“来年中”に倒そうと、リングの上で思ったのだろう。

 カリスマを倒すには、どうすれば?

「まずは、シングルマッチで一勝する。後々は……葛西純って、試合で負けてもつねに、葛西純は負けていないんです。勝っても負けても、トップは葛西純。そこまでのカリスマ性というのを……超えたいです」

 この日のメインイベント、「カミソリ十字架ボードデスマッチ」。

若きデスマッチファイターの素顔 カミソリが散りばめられた十字架に背中をドンと叩きつけられ、正岡の体から血が溢れ出す。青いリングが、一瞬にして血の海に変わる。「イタっ」……思わず、声に出してしまった。痛いのは私ではなく、正岡だ。しかし痛みが伝染して、私も痛い。

 ふと視線を葛西純の背中に移すと、カミソリの、“スパッ”という傷――。

若きデスマッチファイターの素顔 ああ、そうか。葛西にあって、正岡にないもの。それは……“目に見える”体の傷だ。葛西の背中には、無数の傷。どれだけデスマッチを経験してきたか、一目で分かる。対して正岡は、Tシャツで試合をする。まだ思うような体をつくれていないからだ。

「傷だらけなんですけどね。凶器は、貫通するので」

 正岡が、初めてデスマッチのリングに立ったそのときから、ひと試合ごとに刻まれてきた傷の半分以上を、私たちはまだ目にしていない。

◆プロレスと、血

「だから、あの、千種、試合中に口ん中、切るとするでしょ。したらね、その血、パッとリングに吐くの。リングに、血が、赤く、おちるでしょ。おちたら、お客さんにもわかるでしょ。赤いんだもん。それが、千種の血だって。ね。お客さん、その血をみて、思うわけよ。あ、千種の血だ。これは千種が吐いた血だ。千種が口ん中、切ったんだ。千種は、今、痛いんだ」(『井田真木子と女子プロレスの時代』イースト・プレス)

 女子プロレスラー長与千種が、1987年、プロレス誌『Deluxeプロレス』で、インタビュアーである故・井田真木子に語った。血が出たことを、痛いということを、けっして隠さない。隠してしまっては、痛みが存在しないのと同じ……。

「血が出たら、血を隠さないで、見せる」――これこそが、プロレスなのではないか、と思う。

 レスラーが血を見せると、リアルな痛みが観客に伝わる。痛みが伝わると、観客はレスラーに感情移入する。長与千種は「一心同体」という言葉を使っているが、痛みを共有したレスラーに声援を送ることは、すなわち自分に声援を送ることに他ならない。

若きデスマッチファイターの素顔 正岡はいま、“打倒・葛西純”を目標に掲げ、肉体改造をしている。体ができ上がったら、Tシャツを脱ぎ、裸でデスマッチをやるつもりだ。そのとき私たちは、おそらく傷だらけの背中を見ることになる。無数の傷跡を見て、正岡の痛みの蓄積に触れることになる。いまは隠れて見えなくとも、確実にそこに存在する痛みを、ようやく共有することになるのだ。

●FREEDOMS公式サイト:http://pw-freedoms.co.jp/

●『Blood X´mas 2015』12月25日(金) 後楽園ホール 開場18:15 開始19:00

●2016年・大会情報:1月3日(日)新木場1stRING、1月19日(火)新木場1stRING、2月10日(水)新木場1stRING、2月28日(日)広島産業会館、3月3日(木)新木場1stRING、3月23日(水)後楽園ホール、3月27日(日)大阪城東区民ホール

<取材・文/尾崎ムギ子 撮影/安井信介>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中