“お年玉付き年賀状で現金10万円がもらえる!” を記念して編集部からも10万円相当のプレゼントあげます【PR】

2015年もありがとうございました! 2016年もよろしくお願いいたします!

 忙しい人は、これから準備に入る年賀状。年賀状といえば年賀はがき、そして年賀はがきといえば「お年玉くじ」。2016年<平成28年>用の年賀はがきの1等は、旅行や家電に加えて新たに“現金10万円”がもらえる!ということは、ご存じだろうか? 年賀状博物館によれば、お年玉付き郵便はがきが初めて発行されたのが1949年<昭和24年>。年賀専用のはがきの誕生とともに、お年玉付きはがきが生まれたわけだ。しかも、このお年玉付き年賀はがきのアイデアは、京都在住の一般人のアイデアだったという。そのアイデアを当時の郵政省に持ち込んだところ、紆余曲折を経て同制度が始まったそうだ。

年賀状博物館より

 ちなみに第1回目の商品は、以下の通り。

特等:ミシン
1等:純毛洋服地
2等:学童用グローブ
3等:学童用こうもり傘

 その後、特等が廃止になり、1等は電気洗濯機(1956年<昭和31年>)、フォームラバーマットレス(1960年<昭和35年>)と変わり、1965年(昭和40年)以降はポータブルテレビや8ミリ撮影機・映写機セットなどが続き、1984年(昭和59)年には電子レンジが、1986年(昭和61年)にはビデオテープレコーダーが登場する。

 平成に入ってからは、庶民の手が届きそうでなかなか買えないものが賞品になり、海外旅行や新型テレビ、パソコンなどの中から1点を選ぶ形式になった。そして、ついに2016年からは現金10万円がもらえるように! 2016年は、お年玉付き年賀はがきにとって大変革の年なわけだ。

ダイソンのサイクロン掃除機

 そこで編集部でも、お年玉付き年賀はがき1等に現金10万円が登場したことを記念して、抽選で1名にダイソンの掃除機とバルミューダの高級トースター(合計10万円相当)をプレゼントします! この編集部からの10万円相当のプレゼントが欲しい人は、応募フォームでメールアドレス、年齢、性別を記入してください(当選者にのみ編集部から連絡します。当選に関する編集部への問い合わせは、ご遠慮ください。集めた個人情報に関しては商品の抽選以外に使用いたしません)。

バルミューダの究極のトースター

 メール、SNSなど、コミュニケーション手段が多様化しているにもかかわらず、年に一度、みんながはがきを書くこの季節。年々減少傾向にあるとはいえ、年賀はがきは2016年用も約30億枚発行されている。今回は、ディズニーキャラクターやハローキティのデザインの年賀はがき以外にも、宛名面にもキャラクターなどが印刷できる「ウェブキャラ年賀」も登場。ぐでたま、ふなっしー、スター・ウォーズ、スーパーマリオなど、11種類のキャラクターが楽しめる。また、今年もLINE連携サービス「ぽすくま 森の年賀状屋さん」が始まり、相手の住所を知らなくても、LINEでつながっている人に、年賀状を送付することも可能。

 さて、みなさん2015年もありがとうございました。2016年もよろしくお願いいたします。そして、(10万円当てたいので)編集部に年賀状~ください~♪

●ウェブキャラ年賀 https://webchara.jp
●ぽすくま 森の年賀状屋さん http://yubin-nenga.jp/line/

提供:日本郵便

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中