「タダで海外に行ける」と噂の“運び屋”に応募してみた

都市伝説的な「いくらなんでもおいしすぎるだろう」というナゾな職業。実際に手を挙げてみたらどうなったかをリポートする。今回は「タダで海外に行ける」と噂の“運び屋”、ハンドキャリーとは一体?

一見、ラクそうなものの、実は求人を探すのも大変


 ハンドキャリーとは、貨物を手荷物として運搬することで、確実に届ける緊急運搬業のことだ。航空便では間に合わないときに活用されるため、世界中に24時間以内に届ける必要がある。

ラクそうなものの、実は求人を探すのも大変

待てど暮らせど荷物が出てこず丸一日、空港のターンテーブル近くで待機したことも

 面白そうな仕事だが、なかなか求人は見つからない。それもそのはず、仕事自体が不定期なことや顧客情報の流出防止などもあって、募集には慎重な会社が多い。というのも、例えば○月×日に中国の青島からタイのバンコクまで飛んだとすると、業界によってはどの会社がどんなものをハンドキャリーしたのか筒抜けになってしまい、販売戦略に関わってくるシビアな世界なのだ。よって、人づてでお呼びが掛かるのがほとんどなのだ。

 そんな仕事に、海外在住歴が長い記者が応募する機会を得たのは、よくチケットを買っていた旅行会社からの一本の電話だった。

「中国からロサンゼルスへある物を運搬してもらいたいんだが、旅慣れた人を紹介してくれ」という。それならこちらも自信がある。記者自身が応募してみることに。

 翌日、指定時間に空港で待っていると4人の男性がやってきた。1人はハンドキャリー専門会社の代表で、ほか3人は一緒に飛ぶキャリアーだという。荷物は大手自動車メーカーのエンジン部品とのことだが、麻薬などを運ばされたらとビビリ、しつこく代表へ質問して中身を確認させてもらった。その後、中国の大手日系ハンドキャリー会社の求人に登録することにした。こちらもきっかけは、あるレストランのオープニングパーティで担当者を紹介してもらったことだ。経験者であることを伝えたので、面接はなく、住所、電話番号、旅券情報、語学力などを記載して登録は終了した。あとで聞いたが、面接する場合は、英語による交渉能力などトラブル回避能力やホウレンソウがきちんとできる人間かなどを問われるそうだ。

 登録の2日後にベトナム・ハノイへの初仕事が入った。2日後に仕事が入るとはさすがに大手だ。

 ただ、いろいろな土地に行け1泊2日で1万~3万円と報酬も悪くないが、ラクな仕事ではない。

ラクそうなものの、実は求人を探すのも大変

多いときには1人で100㎏以上の機械類を運ぶため体力も要する

 基本は1人で飛ぶことが多いので誰かと一緒に飛ぶことは少ないが、時には本当に日本人かと疑うようなキャリアーにも遭遇。口調は穏やかだが、過去に大手企業を脅したと口にしていた男は、実は国際指名手配を受けている現役ヤクザで、会った半年後にバンコクで逮捕された。また、短パン&麦わらの老人で通称・(釣りキチ)三平さんなどキャラが立っている人間の集まる仕事だ。そんな面白さもあり、ライター稼業の傍ら、いまだに世界を飛び回っている。

― [ナゾな求人]に応募してみた ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中