「お墓参り・清掃代行」に挑戦してみた。霊が憑いてこないか心配…

都市伝説的な「いくらなんでもおいしすぎるだろう」というナゾな職業。実際に手を挙げてみたらどうなったかをリポートする。

高齢化で需要もアップ気ままに働ける簡単ワーク【墓参り&清掃代行】


高齢化で需要もアップ気ままに働ける、墓参り&清掃代行

掃除後の一枚。

 ご先祖様の冥福を祈り、感謝の気持ちを伝えるためにも、大切なお墓参り。ただ、遠方だったり体調を崩していたりでなかなか行けない人も多くいる。「お墓参り・清掃代行」は、もともとはそんな人のために石材店が始めたサービスといわれているが、最近は便利屋や代行会社などで行う場合が多い。

 今回は、記者の地元でお墓参り・清掃代行のサービスを行う清掃会社を発見したので、さっそくウェブで応募してみた。半年ほど清掃業のアルバイトをしたことがあったため、志望動機で経験者アピールをすると、翌日には電話があり、トントン拍子で面接へ。

 以前の清掃会社では「面接にスーツなんて着ていったことない」という人ばかりだったので、気合をアピールすべくパリッとスーツを着て、いざ出陣。「ま、事務的なものだろう……」とタカをくくっていたが、面接には社長を含む3人が登場。若干ビビりつつも、経験者だったからか話が盛り上がり、あっさり採用された。

高齢化で需要もアップ気ままに働ける、墓参り&清掃代行

今回行った墓地で特に荒れていたお墓。ここまで放置した人からの依頼はないそう……

 まずは手順を教えるということで、先輩が作業する現場を社長とともに見学。作業前の合掌→開始前の確認撮影→敷地内の清掃・除草作業→墓石の洗浄作業→清掃作業後にお花・お線香のお供え・合掌→作業後の確認撮影といった流れで、1時間程度で誰でもできるような作業だ。作業中は和気あいあいとした雰囲気で、社長自らいろいろ教えてくれた。依頼者は、高齢で自分では来られないという人もいるが、自分が墓参りに行く前にキレイにしておいてほしいという人がほとんどらしい。この日掃除したお墓も、ちょっと雑草が生えている程度だった。墓地には荒れ放題のお墓もあったが、こういう場合は依頼する人自体がいないらしく、そこまで汚いお墓を掃除することはないそう。

 ギャラは一件につき交通費込みで4000円。「○日までに」という形で仕事の依頼が来るので、自分の好きなときに仕事ができ、1人で自由に作業ができる。同じ墓地で依頼が2件重なれば、まとめてやるのもOK。作業道具を自分で持ち歩く必要はあるが、割と働きやすくおいしい仕事かも。

 唯一心配だったのが、呪われないかどうかということ。他人のお墓を掃除すると霊が面倒を見てくれると思って憑いてくる……なんて説もある。しかも今回の場所は地元でも“出る”というウワサの墓地。昔、そこで霊感の強い友達が神隠しに遭ったと聞いたこともある。だが、心強い社長は最後に清め塩を振ってくれた。「それは家に入る前にやるものでは……?」と思いつつ、社長の優しさに感激しっぱなしの一日だった。

― [ナゾな求人]に応募してみた ―

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中