ド素人が「占い師」になるための面接を受けてみた

【占い師・スピリチュアルカウンセラー】「直観力がある」と見いだされ、プロの世界へ


「就職」や「採用」という言葉とは無縁に思える「スピリチュアル」や「占い」の業界。まあ、誰もが「スピリチュアル能力」など持っているわけでもないし……。ところが、最近では「占い会社」があり、雑誌やウェブサイトで人材募集も行っている。しかもとある会社では、「採用祝い金最大5万円プレゼント」とな! ならばと占星術とタロット占いをかじったことのある記者が名乗りをあげた。

占い師・スピリチュアルカウンセラー 通されたのは、雑居ビルの一室。“オーディション”と称する面接が行われた。まず聞かれたのは占い経験の有無や得意とする占いの種類だった。さらには、その占いがどれほど当たったのかなどを聞かれる。さすがに相手も占い師、観察眼が鋭いのかハッとするほど鋭い質問が飛んでくる。

 タロット占いをやったことがあるといっても所詮素人の潜入取材。人間観察に長けた占い師の目はごまかせなかったのか、メールで届いた審査結果は「不採用」。

 後日、業界関係者に聞くと、ここでは経験の有無もさることながら、客に「当たってる!」と思わせる話し方や接客(アドバイスなど)ができるかも見ているんだとか。

 また、占いも“対面式”と“電話式”の2つがあり、電話式の場合、ハードルはもっと下がり、面接までこぎつければほとんどが採用。その後の実務も簡単なテキストで“研修”を行い、すぐ占い師になれるという。もっとも、その後、客がつくかは才能やスキルによって全然違うことになる。

 また、この手の求人の場合、「現場でスカウト」されることも。現在、スピリチュアルカウンセラーをしている女性は、幼少期から抱えていた虚弱体質と精神不安定に悩み、「ヒプノセラピー」というスピリチュアル療法にかかったところ、「直観力が鋭い」とカウンセリングする側にスカウトされたという。その後、養成講座に2年半通い、開業したそうだ。

 いずれにしても開業はできても客の信頼を勝ち得るのはまた別の話なのは言うまでもない。

― [ナゾな求人]に応募してみた ―

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(18)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ&GUだけで「全身1万円コーディネート」 プロと素人はここが違う
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
ファザコン娘を見極める…ハリウッド流“オヤジ好き女性”の探し方
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード17=B・J・スタッドの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第170回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
ポケモンGOの熱狂から冷めるまでの早さは夏の恋並み
大川弘一の「俺から目線」
これは上場を人質にとった脅迫――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中