ド素人が「占い師」になるための面接を受けてみた

【占い師・スピリチュアルカウンセラー】「直観力がある」と見いだされ、プロの世界へ


「就職」や「採用」という言葉とは無縁に思える「スピリチュアル」や「占い」の業界。まあ、誰もが「スピリチュアル能力」など持っているわけでもないし……。ところが、最近では「占い会社」があり、雑誌やウェブサイトで人材募集も行っている。しかもとある会社では、「採用祝い金最大5万円プレゼント」とな! ならばと占星術とタロット占いをかじったことのある記者が名乗りをあげた。

占い師・スピリチュアルカウンセラー 通されたのは、雑居ビルの一室。“オーディション”と称する面接が行われた。まず聞かれたのは占い経験の有無や得意とする占いの種類だった。さらには、その占いがどれほど当たったのかなどを聞かれる。さすがに相手も占い師、観察眼が鋭いのかハッとするほど鋭い質問が飛んでくる。

 タロット占いをやったことがあるといっても所詮素人の潜入取材。人間観察に長けた占い師の目はごまかせなかったのか、メールで届いた審査結果は「不採用」。

 後日、業界関係者に聞くと、ここでは経験の有無もさることながら、客に「当たってる!」と思わせる話し方や接客(アドバイスなど)ができるかも見ているんだとか。

 また、占いも“対面式”と“電話式”の2つがあり、電話式の場合、ハードルはもっと下がり、面接までこぎつければほとんどが採用。その後の実務も簡単なテキストで“研修”を行い、すぐ占い師になれるという。もっとも、その後、客がつくかは才能やスキルによって全然違うことになる。

 また、この手の求人の場合、「現場でスカウト」されることも。現在、スピリチュアルカウンセラーをしている女性は、幼少期から抱えていた虚弱体質と精神不安定に悩み、「ヒプノセラピー」というスピリチュアル療法にかかったところ、「直観力が鋭い」とカウンセリングする側にスカウトされたという。その後、養成講座に2年半通い、開業したそうだ。

 いずれにしても開業はできても客の信頼を勝ち得るのはまた別の話なのは言うまでもない。

― [ナゾな求人]に応募してみた ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中