グランプリをめっちゃ楽しむスペシャル――こちらSPA!ボートレース女子部 vol.7

― こちらSPA!ボートレース女子部 vol.7 ―
全国から集まったボレ女たちが女子力を武器にボートレースを盛り上げちゃう!

こちらSPA!ボートレース女子部 vol.7優勝賞金1億円をかけて競われるグランプリは、見る者すべてに興奮と感動を与えてくれる。でも、感動も興奮も大事だけど、やっぱり舟券を当てたいのは誰もが思うこと。そこで今回は一年の集大成として、ボレ女たちがグランプリの舟券術をあますことなく披露。グランプリの魅力、開催される住之江のオススメスポット、舟券予想の秘策をお伝えしよう!

●旅打ちボレ女 白河雪菜

27歳、東京都出身。元プロ雀士。現在はボートレース専門チャンネルのレジャーチャンネルでキャスターも務める。趣味は旅打ち

旅打ちボレ女 白河雪菜

旅打ちボレ女 白河雪菜

「地元大阪のレーサーに大注目!住之江の水面を知り尽くした大阪のレーサーが4~6コースなら、迷わず頭で狙っちゃう!あとは、わたしの大好きな出目、2-3は必ず買っちゃいますね。」

現在、22か所のボートレース場を制覇した白河は地元選出レーサーに注目。王者・松井繁を筆頭にオーシャンカップを制し賞金ランク3位の石野貴之、太田和美、田中信一郎らはコースを問わず活躍が見込まれる。「何度も万舟券が獲れた大好きな出目」として白河が推奨する出目は2-3。誕生日など記念日の出目で買う作戦もアリかもしれない

●サラブレッドボレ女 篠原麻実

25歳、兵庫県出身。歯科受付。ボートレース歴4年も、母親がボートレース尼崎で働いているという“サラブレッド”なボレ女

サラブレッドボレ女 篠原麻実

サラブレッドボレ女 篠原麻実

「推しメンは篠崎元志さん!大好きな元志さんから、舟券を買えば後悔ナシ!どんなコースでも1着狙いで!」

篠原は篠崎元志推し●女子大生ボレ女 柴田千恵子

20歳、奈良県出身。大学生。住之江や尼崎に通うことを基準に今の大学を受験したという筋金入りのボート好き女子大生

女子大生ボレ女 柴田千恵子

女子大生ボレ女 柴田千恵子

「山崎智也さんしか見えない!カッコイイだけじゃない、テクも一流の智也さん狙いでお小遣いいっぱい稼ぎたい!」

柴田は山崎智也推し柴田は山崎智也、篠原は篠崎元志と推しメン舟券を推奨する関西ボレ女2人組。ボートレース界を代表するイケメン2人だが、山崎智也は今年SG 2回、GI 3回の優勝。篠崎はSG、GIを1回ずつ優勝しており、どちらのレーサーも積極的に狙いたい存在である

●人妻ボレ女 馬場絹衣

人妻ボレ女 馬場絹衣

人妻ボレ女 馬場絹衣

38歳、新潟県出身。メンバー最年長でなおかつ既婚という人妻ボレ女。実はカートレーサーという意外な一面も……

「モーター勝率上位者と展示タイムのよいレーサーを舟券の軸にするのは、舟券予想の基本中の基本よ!」

どちらのレーサーも積極的に狙いたい存在モーター勝率と展示タイムを参考にする……まさに舟券予想の基本中の基本を実践するという馬場。勝つ要素を1つずつ吟味していくことは、ボートレースの予想の醍醐味ということを気づかされる舟券作戦だ。堅実な舟券作戦で堅実な収支をめざしてみては

●勉強家ボレ女 石原 静

勉強家ボレ女 石原 静

勉強家ボレ女 石原 静

36歳、岐阜県出身。テレビ制作会社AD。ボートレース歴は半年足らずも、学究肌の性格で予想のイロハを徹底研究するデータ重視派

「当てやすい2連単に注目!オッズをしっかりと見て、人気サイドでも“オイシイ配当”なら迷わず買っちゃいます!」

石原は当てやすい2連単に注目どうしても3連単に目がいきがちなボートレースだが、石原は当てやすい2連単に注目。「3連単の1番人気が10倍以下だと買うのに躊躇しちゃうけど、2連単で1番人気が5倍以上なら買い目を1、2点に絞れるから嬉しい」と、オッズマネジメントを駆使して舟券勝負

ボート界の最高峰レース ボートレースグランプリとは?


ボート界の最高峰レース ボートレースグランプリとは? ボートレース界の最高峰として位置づけられるグランプリ。その年の本当に強いレーサーのみが集まる、年末最後の大一番のレースとして注目を集めている。

 この頂上決戦は、年間獲得賞金上位18人のレーサーによって競われるグランプリと、19~60位のレーサーが選出されるグランプリシリーズの2部構成となっている。そのため、一度の開催で2つのSG競走が行われることにより、ファンもレーサーもその熱気、興奮、注目度は2倍以上のものとなっている。

 グランプリの優勝賞金は1億円。このグランプリを制したレーサーが、年間獲得賞金額1位となるのだ。

 出場するレーサーは賞金の1億円もさることながら、優勝戦に進出した場合は翌年のSGレースへの優先出場権が与えられる。そのため、レーサーたちにとっては賞金1億円以上の価値があるともいわれているのだ。

 昨年は東京のボートレース平和島で開催され、優勝戦では6コースから差した茅原悠紀選手が優勝。3連単は5万1680円の高配当となり話題となった。

 今年度の開催は12/18~23で、大阪のボートレース住之江で開催される。住之江は“聖地”とも呼ばれるレース場。今年最後の大勝負の舞台にはうってつけのレース場なのである。

グランプリレースを3倍楽しむボートレース住之江(生)観戦ガイド


ボートレース住之江point1 インコースは2回に1回は勝つ!?

表を見ていただくとおわかりの通り、なんと1コースの勝率は55%もあるのだ。さらに3着までに入る割合は80%と圧倒的な強さを誇っている。

インコースは2回に1回は勝つ!?

ボートレース住之江 進入コース別入着率(集計期間2015/9/1~11/30)

「選手の実力が拮抗するSGでは、コースは非常に重要。住之江はインコースを中心にした舟券の予想がいいでしょうね」と語るのは地元予想紙の記者。穴狙いでも2~3着に1号艇の押さえは必須か

予想に迷ったら予想屋さんに駆け込んでや!

予想に迷ったら予想屋さんに駆け込んでや!

point2 場内のグルメはB級グルメの宝庫

住之江のグルメは、舌の肥えた関西人も納得のB級グルメが盛りだくさんだ。特に人気なのは1階中央売店で売られている牛と豚のWホルモンを豪快に鉄板で炒めたホルモン焼き(350円)。ビールに合わせたいならホルモン焼き辛(370円)、満腹になりたいならごはんに載せてホルモン丼(550円)でいただくのがオススメだ

point3 個性的な特別観覧席でレース観戦

ボートレース住之江の特別観覧席は多様な観戦スタイルに対応した席が多数用意されている。特にオススメはグループで観戦できる掘りごたつスタイルの観覧席。卓を囲んで予想や応援に華が咲けば、これまでとは違ったボートレース観戦が味わえるはずだ。インターネットでも予約が可能で、平日でも人気のためSGやGIは予約必須となっているのだ

【ボートレース住之江】
JR新大阪駅から約30分、繁華街のなんばからは地下鉄四つ橋線で14分という好立地のため、全国でも1~2を争う人気のレース場として知られる。特に春から秋にかけては都心にあるレース場では珍しいナイターレースが開催されており、アフターファイブのレジャースポットとして人気を集めている。近くには日本三大住吉の1つとして知られる住吉大社がある。大阪府大阪市住之江区泉1-1-71 最寄り駅:地下鉄四つ橋線「住之江公園駅」北改札2号出口より徒歩3分

⇒SPA!ボートレース女子部の公式ブログはこちら!

ボートレース住之江<取材・文/長谷川大祐(本誌) 小島克典 撮影/赤松洋太>

この特集の記事一覧

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中