ヤクルト・真中満監督「連敗中でも自分が思ったとおりの采配をしようと吹っ切れた」

一昨年の借金は「26」。昨年も借金「21」。開幕前の順位予想では最下位予想が多数を占めた東京ヤクルトスワローズ。就任1年目、44歳の青年監督・真中満はそんな弱小チームをリーグ優勝に導いた。

 開幕直前、セ・リーグ6球団の監督が一堂に会したイベントでこんな一幕があった。当時横浜監督の中畑清氏がルーキー山崎康のクローザー抜擢を公表するなど、派手なパフォーマンスが目立つなか、真中は落ち着いた口調で語った。「キャンプ、オープン戦を通じてやろうとしたことができた。投手力を含めた守りで勝負したい」

東京ヤクルトスワローズ 44歳の青年監督・真中満

’71年、栃木県生まれ。宇都宮学園(現文星芸大附属)高時代は春夏連続甲子園出場。日大時代は東都リーグでベストナイン4回。’92年ドラフト3位でヤクルトスワローズへ入団。’90年代後半から野村ID野球の申し子として活躍。現役晩年の’07年はシーズン代打起用98回で31安打(日本記録)を放った

 真中の言葉どおり、スワローズの守りは開幕から光る。昨季防御率リーグワーストだった投手陣が、開幕から14試合連続で3失点以下という日本記録を樹立した。真中はその踏ん張りを評価する。

「春先はどの球団も打撃陣が苦しんでスタートした。そんな中で1-0とか2-1とか、接戦が続いた。そんな厳しいなか投手陣は本当に頑張ったと思っています」

 5月は一転、9連敗と苦しむ。「9連敗中は……最初の5、6連敗までは苦しかったんです。そんなとき、相手は5連敗中のチームとの3連戦。僕も苦しいけど、相手の監督も苦しいはず。そこで僕は一歩引いて、連敗中の敵将の采配を観察したんです。そのとき同じく連敗している相手チームの戦術はどこか無理があり、苦し紛れに映ったんです。そこで『連敗中であっても自分が思ったとおりの采配をしよう』と吹っ切れたんです」

 とかく監督は、負けが込むとセオリーをなぞらえがちだ。無死でランナーが出たらバントでセカンドに送り、後続に期待する。一見、最善を尽くしているように映る采配も、実は監督自身が「体裁」を整えているにすぎないことがある。

「6連敗したあと『自分は一生懸命やっています。順序をたどっています』という野球はやめた。自分が開幕からやろうと思っていたことをやろうと。ただそのあとも3連敗してどうなるかとか思いましたが(笑)、プロ野球の監督をやらせてもらって1年目の5月、シーズンに入ってたった1か月で9連敗をさせてもらった。こんな経験はなかなかできないし、早めに連敗を経験させてもらったことは、大きな財産になりました」

 スワローズの優勝の要因は、打撃部門のタイトルを総ナメにした攻撃陣に称賛が集まりがちだ。しかし今季の防御率3.31は、過去四半世紀のチーム防御率でもベスト3に入る数字を記録した。

「キャッチャーの中村を中心に守備陣がしつこく粘った。山田なんかトリプルスリー(3割30本塁打30盗塁)と攻撃面ばかり注目されるけど、セカンドの守備力が向上した。首位打者のサード川端も、打点王のファースト畠山も、移籍してきたショートの大引も、1点でも少なく失点を防ごうと普段から守りに興味を持ち、実践した。ピンチで最小失点に抑えたことで勝ちに繋がった試合もあった」

 相手の特徴や打球方向を考えた守備位置にもこだわった。

「確率の問題だから、構えたところとは反対に打球が飛ぶこともあるけど、なるべく確率の高いところに守ろうと決めて、思い切ったシフトを敷いたりしましたね」

 素人目に見ると正面をついた打球は、事前の備えの賜物だった。

「あらかじめどこに守るかで10勝とは言わないまでも、勝利を拾えた。わずかな差が、あとあと大きな結果に繋がるということを選手が理解してプレーできていたんです」

取材・文/小島克典 撮影/ヤナガワゴーッ! 再構成/SPA!編集部
― 真中式[勝つ組織の創り方] ―

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中