建設現場の事故や工事渋滞を激減させるかもしれない「革新的なネジ」とは?

建設現場の事故や工事渋滞を激減させるかもしれない「革新的なネジ」とは? 世間的にはそこまでメジャーに報じられないイノベーションでも、実は大きな社会変革へと繋がることは往々にしてある。

 例えば、「ねじ」業界では、来年建設の現場で事故や工事渋滞を大きく減らしそうなこんなものが話題になっている。

 ネジ業界の動向や技術、新製品などのデータを配信するねじ業界専門紙、ねじ総合サイト運営のファスニングジャーナル代表取締役である女屋圭輝氏はこう語る。

「ねじの締結作業において、画期的な特徴で革新をもたらしたのが『ワンサイドボルト』という建築向けのボルトです。従来の建築専用ボルトは、締結時のセッティングを両側から行う必要がありました。でも、このワンサイドボルトはその名の通り、片側からだけの作業でも、キッチリボルトを締めることができる特殊な構造になっているんです」

ワンサイドボルト

「ワンサイドボルト」株式会社ロブテックスファスニングシステムHP製品カタログより

 そもそも高速道路や鉄橋など、あらゆる工事現場でボルトは多数使われるのだが、このワンサイドボルトの登場は今後業界に大きな変化をもたらす可能性もあるという。

「鉄橋や道路など大きめの建造物の場合、あらかじめ組み込まれたボルト・ナット等のパーツをバラして両側からセッティングするため、現場の環境や条件によって作業員が2人以上必要なケースもありました。でも、ワンサイドボルトなら片側からのセッティングが可能なので、締結作業も含めて1人で簡単に施工できるし、各パーツの紛失を防げるというメリットもあります。もし、高所作業でパーツが落下して、万が一、下にいる人に当たってしまえば大事故になりますからね」

 また、橋や道路の工事時は通行止めにされることも多かったが、このボルトの登場で本体をバラさず作業でき、工期が短縮できるため「交通渋滞が減るのでは」という声もあるという。

「東日本大震災以降の建築物の耐震補強や東京五輪に向けた建設ラッシュなど、ワンサイドボルトが活躍する場は土木建築業界にはまだまだたくさんある。今後、もっと普及していくと思います」

 12/22発売の週刊SPA!の特集記事「2016年 ニッチ業界の[意外なヒット]を予測する!」では、さまざまなジャンルで、世間的にはあまり知られていないが今後大きく社会を変えるかもしれないイノベーションについて報じている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!12/29・1/5合併号(12/22発売)

表紙の人/ きゃりーぱみゅぱみゅ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中