恵比寿★マスカッツが“夢の一夜”で全裸ポーズを披露【1stライブ写真レポ】

 日本一のセクシーアイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」の初ワンマンライブ「Tokyo Sexy Dynamite 2015~初恋~」が12月21日、恵比寿LIQUIDROOMにて開催され、32名のセクシー美女たちによる“夢の一夜”となった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1013913

恵比寿★マスカッツ 残念ながらメンバーの松岡凛が体調不良で欠席となり、全員でのワンマンライブは実現できなかったが、総勢32名の美女たちが圧巻のパフォーマンスで会場を盛り上げた。オープニングでは、とにかく明るい安村が登場し「この恵比寿から新しい伝説が始まります! 安心してください、二代目もセクシーですよ」と幕開けを宣言。舞台袖からメンバーが順番に登場し、ライブはスタートした。

 唯一の持ち歌である『Pressure Bomber』と『TOKYOセクシーナイト』の2曲を披露するや、早くもファンは大盛り上がり。初代から応援しているファンも多かったのか、「初代・恵比寿マスカッツへの敬意を表して」歌われた初代のデビュー曲『バナナマンゴーハイスクール』がコールされると、会場からはさらに大きな歓声が上がっていた。女性ファンの姿が目立ったことも印象的だ。

 そして、メンバーではただひとりソロ歌唱コーナーを担当した辻本杏が登場すると会場からは笑い声が聞こえ、伝説の名曲をパフォーマンスとともに見事に歌いきった。続いて、ダンスを得意とするスーブー(小野美久)や神咲詩織、とにかくデカい沖田杏梨らのセクシーダンスショーによって、会場とステージがより一体感を増すことに。さらには安村と水着で登場したメンバーによる「全裸に見えるポーズ」披露のコーナーでは、「恵比寿★マスカッツ」のギリギリのセクシーポーズが披露され、バラエティらしい企画が満載のステージとなった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1013912

恵比寿★マスカッツ その他にも、番組で共演する阿佐ヶ谷姉妹や、ゲストとしてサプライズ登場したBro.KORNに、明日花キララが「わたしEXILEが好きで……」とお願いし、印税○億○千万円の名曲『WON’T BE LONG』を歌唱する豪華なステージに。

 アンコールでは、4代目リーダーに明日花キララが選ばれたことをサプライズ発表。グループの新しいリーダーに任命された彼女は突然の発表に驚き、目に涙を浮かべながら「人前でしゃべるのが苦手で、今日もMCを任されたときは、わたしよりしゃべれる子はいっぱいいるのに、と思って……。リーダーを任されたからには、一生懸命頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします」と宣言。選考理由として「知名度の高さにおごることなく謙虚に振る舞い、誰よりも“マスカッツ愛”に溢れている」ことが評価されたという。

 またリーダーを補佐する“副キャップ”を川上奈々美が務めることに。浅草ロック座に出演し、さまざまな面で個性を発揮する川上が「皆さんを素敵なステージに連れていけるように頑張りたい」と話すと、二人には温かい拍手が送られた。

 ラストには『TOKYOセクシーナイト』を再び披露し、初のワンマンライブを大成功におさめた彼女たち。恵比寿の新しい伝説はまだまだ始まったばかりだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1013910

©EBISU MUSCATS PROJECT <取材・文/北村篤裕>

TOKYOセクシーナイト

第2世代 恵比寿★マスカッツによるデビューシングル

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中