「おっぱいは“いかに見せるか”が勝負どころ」爆乳プロデューサー・高木謙一郎の挑戦

家庭用ゲームの金字塔、ファミリーコンピュータこと「ファミコン」の登場から32年。家庭用ゲーム機の性能とともに発達した美少女キャラクターの「おっぱい表現論」に迫る!

おっぱいの柔らかさはもちろん、いかに見せるかが勝負どころ


 マーベラスの高木謙一郎氏は、爆乳プロデューサーとして親しまれている、ゲーム業界の「おっぱい表現」の第一人者的な存在。そんな同氏が手掛ける「爆乳ハイパーバトル」の最新作、『ヴァルキリードライヴ ビクニ』が発売された。

ヴァルキリードライヴ ビクニマーベラス/発売中/7538円[税込]

ヴァルキリードライヴ ビクニ

 高木氏がいわゆる「おっぱいゲー」をつくるうえで、とくにこだわっているのは質感だ。

「胸の揺れ方も、現実と非現実のちょうどよい理想の動きを日々追求しています。本作ではそこに、『香り立つおっぱい』というコンセプトを立てまして、髪の毛や衣服の抜ける空気感を重視し、女のコの甘い香りと揺れによる全身での柔らかさを意識してきました」

 また、本作ではコスチューム破壊の表現を変更したのもポイント。

高木謙一郎氏

高木謙一郎氏

「爆乳ハイパーバトルシリーズを重ねるなかで脱がし方を工夫してきたのですが、本作では『光+花弁』で表現してみました。いわゆる謎の光を使っていたときは、角度によっては隠しきれないところがあり、光のサイズを大きくした結果、脱げる前よりも露出度が減るという残念なことになりまして。そこで花弁で乳首と股間の秘部をダブルガードで隠しつつ、光を極力小さくしていく手法をとりました。これにより、光が少しずれたりしたときにちらっと覗く花弁が、なんともドキッとさせるのです!」

 画期的な手法を取り入れながらも、高木氏は「おっぱいは非常に奥深いのでまだまだ再現できていないことも多い」と謙虚。爆乳プロデューサーの挑戦は続く!

VALKYRIE DRIVE –BHIKKHUNI-(ヴァルキリードライヴ ビクニ)
体が武器になってしまう、謎のウイルスに侵された少女たちの成長や交流を描く、爆乳ハイパーバトルの最新作。本格的なアクションゲームの爽快感と、セクシーな要素が堪能できる。PS Vitaのタッチ機能を使って、美少女たちと触れ合うことが可能。マーベラス/発売中/7538円[税込]

【高木謙一郎氏】
爆乳プロデューサーの肩書を持つ、個性派ゲームクリエイター。「いつでも真剣にエロとバカを追い求めている」と語り、『閃乱カグラ』シリーズなどおっぱいゲーを手掛ける

取材・文/黒田知道 ©2015 Marvelous Inc.©VALKYRIE DRIVE PARTNERS
― ゲーム内「おっぱい表現論」 ―

VALKYRIE DRIVE –BHIKKHUNI-

人工島「ビクニ」を舞台に、美しき少女たちによって繰り広げられる3Dアクション

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中