子供用抗うつ薬、滝行用シャワーヘッドが発売!? 【2016年流行予想 自己啓発・精神医療分野編】

メジャーなヒット予測には取り上げられず、一般的には知られていない……けれども、’16年、流行るかもしれない現象を専門家に聞いてみた

【自己啓発・精神医療】滝行用シャワーヘッド、子供用抗うつ薬が発売に!?


「滝行」用シャワーヘッド、「子供用抗うつ薬」が発売に!?【自己啓発・精神医療】「利に聡い連中が、『新しい革袋に古い酒』、あるいは『当たり前のことを異常だと言い立てる』か、そのどちらかで需要を増やそうと図ったり、意表を突く組み合わせで善良な市民を煙に巻くことで“ブーム”をつくるのが、このジャンルの常套手段」と指摘する精神科医・春日武彦氏。

 グーグルやアップルなど世界的なIT企業がストレス軽減、集中力や生産性がアップする、と社員研修に取り入れていることで今、話題の「マインドフルネス」などもその一例という。

「仏教、禅の瞑想法という、従来あった精神修養のメソッドが『科学』を装って再登場しつつあるのが最近の動向です。そのような常套手段に沿って予測すると、家庭のシャワーに取り付けて手軽に滝行(滝に打たれて瞑想する)ができるシャワーヘッドがCDとセットで売り出されると私は見込んでいます」

 また、「赤ん坊も幼稚園児も小学生も、親の手に余る子供はみんな『実はうつ病が原因だった』という説が広まりそうです。製薬会社も『子供用抗うつ薬シロップ/いちご味、メロン味』などを売り出し、子供にやたらと飲ませて事故が多発するかもしれません。同様に、前立腺肥大の薬など、とにかく精神医療とは全く無関係なジャンルの薬が『実は認知症に効くらしい』などと騒がれそう」

 しかし、どれも「医学的根拠に乏しく、やがて『信者』のみがそれを飲み続ける顛末を迎える」ので、情報に踊らされないようご注意を!

【春日武彦氏】
’51年生まれ。精神科医、作家。都立松沢病院部長、都立墨東病院精神科部長などを経て現在も臨床に携わる。著書に『待つ力』(扶桑社)など

― 2016年 ニッチ業界の[意外なヒット]を予測する! ―

待つ力

待てば海路の日和あり!? 「待つ力」こそ人生で最も大事な力だ!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中