「今は“SNSがギャルの渋谷”なんです」激変する自撮り文化

メジャーなヒット予測には取り上げられず、一般的には知られていない……けれども、’16年、スゴいイノベーションを起こすかもしれない、そんな明るい話題や技術を探ってみた

ギャルの間でゴージャスなキャンプが流行する!?


カラーパウダーを浴びて走る『カラーラン』

カラーパウダーを浴びて走る『カラーラン』

 日本の流行の発信源&最先端であるギャル文化。その’16年の予測を「grp by CROOZ」編集長の安部舞紗氏に伺った。

「’15年のギャル流行語大賞1位だった『パリピ(パーティピープル)』の現象はまだ続きそう。泡まみれで走る『バブルラン』、カラーパウダーを浴びて走る『カラーラン』などに参加し、写真をインスタグラムにアップする姿は’16年も見られるはず。ただ、感度の高い人たちは、オシャレでゴージャスなキャンプを楽しむ『グランピング』に移行する動きが加速しそう」

 またギャル文化の代名詞だった“自撮り”も激変が訪れている。

「顔を真正面から写す自撮りは失速気味。後ろ姿や、景色をメインにしたりする“フランクセルフィー”がより人気になるでしょう」

 なおオッサンたちにとっては自撮り=写真だが、ギャルの間では動画がすでに主流になりつつある。

オシャレでゴージャスなキャンプを楽しむ『グランピング』「双子のように動きを合わせたり、コンビ技を披露したりする『双子ダンス』は、10秒動画コミュニティ『ミックスチャンネル』ですでに流行しています。洋楽に合わせて口パクで歌う動画も流行の兆しがあり、顔周辺を半周ずつ撮影した動画を合わせて作る『ドーナツ・セルフィー』もトライする人が増えそう。かつてギャル文化の中心は渋谷でしたが、今は“SNSがギャルの渋谷”なんです」

【grp by CROOZ】
若い女性向けのエンタメ情報サイト(grpは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略)。毎年『ギャル流行語大賞』の発表も行っている

photo by Chris Phutully via flickr
― 2016年 ニッチ業界の[意外なヒット]を予測する! ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中