ペンケース、ノート、シャーペン需要が復権!? 文具業界のヒット予測2016

メジャーなヒット予測には取り上げられず、一般的には知られていない……けれども、’16年、スゴいイノベーションを起こすかもしれない、そんな明るい話題や技術を探ってみた

ペンケースが復権し、書き方指南付きノートが人気に【文具】


「こすると消えるボールペンや針なしのホチキスなど、約10年前から文具の進化が止まりませんが、’16年に話題になると思うのはペンケースです」と話すのは文具王の高畑正幸氏。

コクヨのネオクリッツフラット。

コクヨのネオクリッツフラット。薄いケースだが、ファスナーを開けるとペンスタンドに

「開くとペン立てになるタイプが人気ですが、かさ張るのが難点でした。しかし’16年1月に発売される『ネオクリッツフラット』は厚さが20㎜と薄い。携帯性がアップし、ビジネスパーソンにも人気を博すでしょう。また、最近はハサミもペンケースに入るサイズが人気。『スティッキール』は見た目こそペンだが、キャップを外すと小さな刃が飛び出してきてハサミになるというシロモノ。ペンケースブームと相まって、文具がよりコンパクトになる流れは今後も続く」という。

コクヨのネオクリッツフラット。上半分を折り返した状態。前ポケットに加え、内ポケットが2つあり、収納しやすい

上半分を折り返した状態。前ポケットに加え、内ポケットが2つあり、収納しやすい

 さらに、スマホなどの普及で苦境にあるかと思いきや、ノートやペンにもヒットの兆しがある。シャープペンなどは小・中学生が自分のお気に入りを「YouTube」で紹介していて、その人気が大人に伝播することもある。

「とはいえ、真っ白なノートや手帳を使いこなすほどに、書くこと自体が苦手という人も多い。『マイライフコレクション』という商品は旅行・グルメメモリーなど目的別に細分化されたノートで、書き方も丁寧に指南されている。こういった『書けない人のためのノート』が需要を伸ばすと思います」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1031389

 デジタルと共存しながら文具も変貌を遂げているようだ。

【高畑正幸氏】
『TVチャンピオン』全国文房具通選手権で3回連続優勝。現在はフリーで文具の商品企画、マーケティングに携わる。別名・文具王

― 2016年 ニッチ業界の[意外なヒット]を予測する! ―

マイライフコレクション 旅行

自分の人生を記録して集める事が出来るノート

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中