日本中の車のタイヤがすべて「低燃費タイヤ」に代わる日

メジャーなヒット予測には取り上げられず、一般的には知られていない……けれども、’16年、スゴいイノベーションを起こすかもしれない、そんな明るい話題や技術を探ってみた

日本中のタイヤがエコ志向になる!低燃費タイヤ


 車の本体に比べると、イマイチ認知度が低いタイヤ業界。だが、そんなタイヤ業界で、現在注目のトピックスとして『月刊タイヤ』代表取締役の五十川恵一氏が挙げるのは「低燃費タイヤ」だ。

各メーカーがしのぎを削る低燃費タイヤ「5年前ぐらいからタイヤ業界で競争が激化しているのが、この低燃費タイヤです。『走行距離を1m分でも長くしよう』と各メーカーがしのぎを削る状態です」

 燃費を良くするためには、地面とタイヤの抵抗を表す「転がり抵抗係数」という指標をできるだけ少なくする必要がある。だが、その一方で、重要視されるのが、雨の日などの滑りやすい環境でブレーキをかけたとき、どのくらい制動率があるかを測る「ウェットグリップ性能」と呼ばれる指標だ。

「この『転がり抵抗係数』と『ウェットグリップ性能』と呼ばれるふたつの性能は背反するため、各タイヤメーカーが技術を駆使して、両性能の向上を図っている状態です。ただ、そのおかげで最近の低燃費タイヤはこの性能の高いものが多く、燃費がいいのに安全なタイヤがたくさん増えています。原油価格に懐事情が左右されがちな日本のドライバーにはありがたい話です」

 国内自動車メーカー各社も低燃費タイヤを標準採用するなど、業界的な動きもある。今後日本中のタイヤがすべて低燃費タイヤにとって代わる日も近いかもしれない。

【五十川恵一氏】
日本唯一のタイヤ専門誌『月刊タイヤ』の編集長。月刊誌とウェブ上にて、国内外のタイヤに関する最新ニュースをリサーチする

― 2016年 ニッチ業界の[意外なヒット]を予測する! ―

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中