NASAも注目!日本の「摩擦研究」が世界中の道路の安全を守っている

メジャーなヒット予測には取り上げられず、一般的には知られていない……けれども、’16年、スゴいイノベーションを起こすかもしれない、そんな明るい話題や技術を探ってみた

’16年に注目したいニッチな企業はココだ!


 ’15年には宇宙ステーション補給機「こうのとり5号」が打ち上げられるなど最近、宇宙事業への日本の貢献が著しいなか、「摩擦」技術でNASA(アメリカ航空宇宙局)に注目されている人がいる。

NASAというと宇宙開発のイメージが強いが、飛行機の離陸実験も行われている

NASAというと宇宙開発のイメージが強いが、飛行機の離陸実験も行われている

「ペンが机から落ちないのも、人が立てるのもすべて摩擦のおかげです」。熱く語る日邦産業の安部裕也社長。この「摩擦」に対する飽くなき探究心が、今や世界中の道路の安全を守っていることは、一般的には知られていない。

 同社は世界でも数少ない、ポータブル型「滑り抵抗測定器」を製造する中小企業。道路は適度な摩擦がないと車や人が安全に往来できないため定期点検が必要だが、従来型の計測器は車に搭載され、それを走らせることでしか計測が不可能だった。日邦産業が開発した「D.F.テスター」はコンパクトな上、計器を路面に置くだけで済むため、短時間の通行止めで、検査の遂行を可能にしたのだ。

 製品の評判は海を越え、海外の企業や研究機関からも注文が殺到。ついには、NASAまでも同社に滑走路の摩擦抵抗の調査を依頼してきた。13年に及んだ調査の結果はいまだ公表されていないが、近い将来、その成果が公表され、世界を驚かせるかもしれない。

【安部裕也氏】
商学部卒業後、専門商社へ。1967年、日邦産業を創業、代表取締役に。自社製品の研究に携わるため、60歳にして大学院入学、工学博士号修得

取材・文/岡野孝次 藤村はるな 古澤誠一郎 小原美千代(本誌)
― 2016年 ニッチ業界の[意外なヒット]を予測する! ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中