美人の巫女さんに声をかけたいけど…巫女バイト経験者に聞いたNG行為

 元旦に神社に赴き、美人の巫女に声をかけたいと思ったことはないだろうか。だが、多くの参拝客がいるなかでの巫女ナンパはそう簡単なものではない。

 高校時代から5年間、年末年始の巫女バイトをしているというKさん(22歳・学生)に、巫女ナンパのコツについて話を聞いた。

「4日の昼は一番暇ですね」経験者に聞いた正月巫女ナンパの極意――バイトしているのはどんな子が多い?

 大きい神社は違うみたいですけど、うちは地元の人。女子高生も多いです。時給も高いし巫女の衣装着るから、かわいいコが多いです。

――期間はいつまで?

 私がバイトした神社は7日まで。なかには11日までのところもあるみたいです。3日以降は人手も要らなくなってくるから、巫女も減っていきます。

――声かけるなら狙い目の日は?

 4日の昼がいちばん暇ですね。3時間くらい誰もお守り買いに来なくて、みんな机の下でこっそりスマホいじってました。それと、1月2日以降は17時くらいにバイトが終わる時もあるから、巫女同士で飲みにいくこともあります。

――巫女バイトでの意外な経験は?

「4日の昼は一番暇ですね」経験者に聞いた正月巫女ナンパの極意

バイト時代に撮ったKさんの巫女姿

 去年は、バイト中に地元の同級生に10年ぶりに会いました。真面目だった子が当時の不良と手をつないでて驚いたのを覚えてますね。一緒にバイトしてる友達は、小学校のとき好きだった人に再会したって言ってました。なので、同級生を見かけたら積極的に声掛けするのはアリだと思います。

――ちなみに、巫女バイトで嫌なことは?

「巫女マニア」がいて、毎年真正面から写真を撮られたり、自作のお守りを渡されたりするんです。毎年欠かさず来るから怖いんですよね……

 あとはやっぱり寒さが嫌。カイロとかもらえたら嬉しいです(笑)

――巫女へのNGなナンパ法は?

 一番ウザいセリフが「お姉さんもお神酒一緒に飲もうよ」。実際に言われたことあるんですけど、苦笑いですよ。あとから、それを見てた先輩に「ああいうのは無視して」って怒られるし。もし声をかけるなら、暇そうにしている巫女さんに「この神社は何の神様を祭っているんですか?」とか聞くのが無難だと思います。

 神聖なイメージのある巫女だが、元旦過ぎれば普通の女性。勇気を持って声をかければ、意外とフレンドリーに対応してくれるかもしれない。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中