この社会は普通でいることのほうがずっと不利な世界です――連続投資小説「おかねのかみさま」

みなさまこんにゃちは大川です。

連続投資小説『おかねのかみさま』連載も16回めです。

年の瀬に連載第1話からもう一度読み返すと
新たな発見があります。

※⇒前回「久里浜サイゼリヤ 22:34」

〈登場人物紹介〉
健太(健) 平凡な大学生。神様に師事しながら世界の仕組みを学んでいる
神様(神) お金の世界の法則と矛盾に精通。B級グルメへの造詣も深い
死神(死) 浮き沈みの激しくなった人間のそばに現れる。謙虚かつ無邪気

〈第16話 ライフプラン〉
――サイゼリヤ久里浜店 PM 22:34

「人生のアップダウン…」

「はい。さきほど電車で自己紹介なさってたときは、普通の日常にすっかりご満悦のようでしたが、どうやらこれからあなたには色々なことが起こりまくるようです」

「…」

「ジャングルダァ…」

「!!!」

「ま、誰でも人生の中で一度や二度、そういう時期ってありますから、とくに構えずに、楽しく過ごせたらいいんじゃないかと思います。これ、エスカルゴ2つ来ちゃったからよかったらどうぞ」

「ありがとう…ございます」

「いえ」

「…あの」

「はい」

「赤ワインも…いただいてもいいですか?」

「オー」

「どうぞ」

「デカンタ!!!」

「はーい」

※   ※   ※

「ワイン、お好きなんですか?」

「いえ…のんだことないです…」

「お。だいじょぶですか?」

「いいんです。あたしの人生、いままでなんにもなかったから、急に何かが起こり始めるんだって思ったらなんだか不安になっちゃってきっとこういうとき、大人ってお酒を飲んだりするのかなって思ったもんですから。ちょっとだけいただきます」

「わかりました」

「ウェーイ」

「おまたせしました。赤ワインのデカンタですー」

「ウェーイ!!!!」

「ぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐび」

「ア」

「くはー!!!!!おいしい!!!おかわり!!!!」

—-
AM 1:25

「…」
「…」

「なによふたりとも!黙っちゃって!エスカルゴ冷めてるじゃないのよ!シニガミ!あんたもっと飲みなさいよ!」

「ハイ」

「あんたねぇ、そんなかおしてるからいつまでもシニガミなのよ!あらもうない。デカンタ足りない。マグナム!!!」

「あのー」

「なによ」

「もうそれくらいに…」

「うるさい!あたしこれから人生の波乱が訪れるの!せっかく内定もらって就職して仕事して恋愛して未来の旦那さんみつけて寿退社してFacebookにケーキカット上げてポテチ食べながらショップチャンネルでも見ようとおもってたのに想像を絶する未来が訪れるの!きっと出社初日にビルの上からレンガが落ちてきて死んじゃうの!あなたにそんなきもちわかる? わたしは何もない村から出てきて、普通になりたくてがんばってきたのに、普通になれる瞬間なんかないままレンガがドーンなの!これが飲まずにやってられっかーでしょ!寝るなシニガミ!」

「スイマセン」

「美琴さん」

「なに」

「何も見えない未来が訪れることは不安だとおもいます」

「不安じゃないもん。おさけがあるもん」

「美琴さん」

「不安デシュ」

「えぇ。何も見えない暗闇に大きな何かが居ると思えば、誰だって不安になるもんです。だけど美琴さん。あなたが進んでいく社会は、普通でいることのほうがずっと不利な世界です」

「いやぁよぉ。あたし、普通がよかったのにぃ。彼ピッピと仲良く海沿いのパンケーキ屋でブルーベリーほじくりながら口についた生クリームを指でとってもらってパックンチョしてもらうのが夢だったんだもん。みんなそれやってるんだもん。江ノ島とか行くんだもん」

「美琴さん」

「はい」

「みんながやってること、みんなが幸せそうなことを目指すのは、これから不利になるんです」

「なんでよ」

「希少価値がないからです」

「しらないわよそんなの!あたしは彼ピッピにサーフィン連れてってもらうんだもん!彼ピッピが波にチャプチャプ浮かんでるのをゴールデンレトリバーのジャスティンちゃんと一緒に待つのがあたしの未来だったんだもんうぇーん」

「…」

「ンゴー」

「…」

「死神さん」

「ハイ」

「連れて帰ってあげて」

「エ-」

次号へつづく

【大川弘一(おおかわ・こういち)】
1970年、埼玉県生まれ。経営コンサルタント、ポーカープレイヤー。株式会社まぐまぐ創業者。慶応義塾大学商学部を中退後、酒販コンサルチェーンKLCで学び95年に独立。97年に株式会社まぐまぐを設立後、メールマガジンの配信事業を行う。99年に設立した子会社は日本最短記録(364日)で上場したが、その後10年間あらゆる地雷を踏んづける。

Twitterアカウント
https://twitter.com/daiokawa

2011年創刊メルマガ《頻繁》
http://www.mag2.com/m/0001289496.html

「大井戸塾」
http://hilltop.academy/
井戸実氏とともに運営している起業塾

〈イラスト/松原ひろみ〉

逆境エブリデイ

総移動距離96,000キロメートル! 大川弘一がフルスピードで駆け抜けた400日間全記録

¥en SPA!

SPA!(スパ!) 増刊 2016冬

この特集の記事一覧

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中