ひろゆき「慈善団体の職員が給料を貰う。これって普通のことですよね?」

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

【高額な残業代に切り込むも質問した市議に非難殺到】

関東・東北豪雨への対応でボランティアが無償で対応を行う一方、残業をして対応を行った常総市職員十数人の給与が100万円を超えた。これは同市議会の答弁で明らかになったもので、質問をした市議にネット上で非難が集中。主に「普通残業したら給料貰えるんですが」などの意見だが、「ボランティアが無償って考えは日本だけ」といった声も

【高額な残業代に切り込むも質問した市議に非難殺到】

画像は「デジタル毎日」より

慈善団体の職員が給料を貰う。これって普通のことですよね?


 以前ちょっとだけ触れた災害ボランティアが無給で作業してるのに、市職員は残業代を貰ったってのが話題になってるみたいです。でも、「なんでもかんでも公務員を叩いておけば、庶民は納得するだろう、、、」みたいな考え方をするのって、どうかと思うんですよね。。。

 そもそも市職員はボランティアじゃないんですよね。「今日は家で寝てるわー」って言っても問題ないならボランティアと考えてもいいですけど、「職員が動くのが当たり前だろ!」とか言うならそれは業務ですよね。。。

 ボランティアも同じ仕事をしたんだから、同様に扱うべきって話も出てきたりしますけど、ボランティアの人は手伝いたいときに作業を手伝えるし、時間拘束とか義務とかもないわけです。んでも、市職員とかの仕事として作業をやる人は、時間拘束されたり義務としての業務があったりするわけですよ。

茨城県常総市 よく「ボランティアが無償って考えは日本だけ」みたいなことを言う人がいますけど、どこの国でもボランティアでお金を貰っている人はいますけど、「ボランティアでお金貰えるのが当たり前」って国はおいらの知る限り聞いたことありません。アメリカとかだと親切にしてくれた人にチップを払う文化があるので、ボランティアとしてやったのに結果的に儲かっちゃうみたいなのもあるわけで。

 ってことで、ボランティアは「その行動をするための理由がお金目的じゃない」のであって、お金がメインの目的になったら、それは単なる仕事になるんですよね。。。

 あと、慈善団体の職員も給料貰ってたりしますけど、日本では「ボランティア関係なら、誰であれお金を貰うのはよくない」って考える人とかがいたります。でも、所属してるけど、ボランティアじゃない人ってたくさんいるんですよね。大きな慈善団体とかは大金が動くので、経理や会計として雇ったりしているわけで。んで、慈善団体で働いている人は、「フルタイムで働いてるんだから、給料貰わないと誰もやれないよね。。。」という至極当たり前の考えで、給料を貰っているわけですけど、それって普通のことですよねぇ。。。

※1.ボランティア
筆者はボランティアやインターンに無給でバイトや職員と同じことをさせるのも、20歳以上で両者が合意の上での無給であるなら問題ないと考えている

※2.市職員は残業代
報道によれば、豪雨被害への対応による残業で、9月分の給与が100万円を超えた職員が十数人いたという。水害が発生した9月10日から30日までの残業時間は最高で342時間だった

※3.おいらの知る限り
現在はヨーロッパ在住。学生時代には米国留学なども行い、成人して以降は日本にいないことが多い。むしろ日本より海外の事情に詳しいという噂も

【西村博之】
元ニコニコ&2ちゃんねるの管理人で、現4chan管理人。39歳。フランス在住(日本国籍)

※「ひろゆきのネット炎上観察記」は週刊SPA!にて好評連載中
photo by Hajime NAKANO via flickr

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中