カルチャー番組の「東男に西女」というキャスティングとは?【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その102―

 最近のテレビはBSを中心に、歴史や美術などのカルチャー系をよくみております。年末年始はお笑いよりも、勉強系ですか。そのカルチャー系番組の、欧米ロケと日本を含むアジアロケにおいて、明らかにキャスティングの差があり、ちょっと苦笑いしてます。欧米ロケのナビゲーターは、ビジュアル重視で知的美人が登場することが多いです。逆にアジアや国内ロケは理論&体験重視で、作家や研究家、あるいは体力重視の若手俳優、時間に余裕のある脇役俳優などが多数登場します。

 具体的に言うと、まず欧米ロケの美人ナビゲーターといったら、松下奈緒と滝川クリステルですね。この2人は、ルックスも素晴らしいことながら、バイルンガルだったり、ピアニストだったりと、一芸に秀でてる部分があり、ゴージャスに見えます。番組の詳細はナレーションで済ませばいいわけで、美人が一流の芸術品に触れて、感嘆してもらえれば、企画は成立するのです。

 松下奈緒がナビゲーターした芸術家は凄いですよ。メンデルスゾーン、アンデルセン、ショパン、ルノワール、ミュシャ、リスト、モネですから。ほかにオードリー・ヘップバーンとココ・シャネルもやってて絢爛豪華というか、海外に何回行ってるのよ状態です。

 最近見た「光の画家モネと旅するセーヌ」は、主役のモネより松下奈緒が目立ち過ぎて笑いました。松下奈緒が有名美術館や、モネの水連の池などを訪ねますが、どこかに行くたんび衣装が違う。まるで松下奈緒のファッションショーのよう。個人的には松下奈緒は好きな方だから、それはそれで楽しめたけど。

『松下奈緒 光の画家モネと旅するセーヌ』BSフジHPより

『松下奈緒 光の画家モネと旅するセーヌ』BSフジHPより

 一方、滝川クリステルも、オリエント急行、ハワイ、イエローストーン、フィレンツェ、フェルメールと豪華さでは負けてません。最近見たのは「滝川クリステルのオランダ美術紀行~もう一人のフェルメール20世紀最大の贋作事件を追う!~」だけど、内容が素晴らしかった。天才贋作師「ハン・ファン・メーヘレン」の生涯を描いており、滝川クリステルのあまり出しゃばらない立ち位置に、好感が持てました。

BS朝日HPより「 滝川クリステルのオランダ美術紀行 もう一人のフェルメール 20世紀最大の贋作事件を追う!」

『滝川クリステルのオランダ美術紀行 もう一人のフェルメール 20世紀最大の贋作事件を追う!』BS朝日HPより

 両美人とも、あくまで受け身で、素直に専門家から話を聞く姿勢が、視聴者の共感を得ているのでしょう。目線が視聴者と同じか、ほんの少しだけ上が、丁度いいんですね。

 一方、質実剛健のアジアロケで面白かったのは、片岡鶴太郎がナビゲートした「遥かなる満州、~ラストエンペラーが見た夢の彼方」です。片岡鶴太郎も、もはやマッチのモノマネはしないでしょう。今や画家であり、個性派俳優であるから、ナイスキャスティングだと思いました。

 アジアや国内は、大和田兄弟に島田雅彦、関口知宏、火野正平など、渋いキャスティングのオンパレード。多くは肩にショルダーバッグぶら下げて登場しますが、あまり必要性を感じませんけど。そんななか「コウケンテツが行く、アジア旅ごはん」は、毎回感心させられます。料理研究家のコウさんが、アジアの庶民料理を食べ歩きますが、奇妙な食べ物が出ても、心から美味しそうに食べて、絶賛しまくり。実に嫌味がない。

 美人が少ないアジア&国内ロケですが、密かに期待していた番組がありました。それは「ぶらぶら美術・博物館」に出ていたモデルの相沢沙世です。けど相沢沙世があまり喋らず、気を揉んでいたら、とうとう去年、レギュラーから降りてしまう。最近、元プロ野球選手と結婚したそうで、それはそれで、めでたしってことでしょう。

 この美術番組、山田五郎がMCで、彼はさほど美人に甘くない。うまく絡んで良さを引き出せないかと、やきもきしてました。結局、相沢沙世は、借りて来た猫みたいな扱いで終わっている。非常に残念です。だったら松下奈緒みたいに、美術品をバックにサービスカットでも作り、ビジュアルを強調すれば良かったものの。

木村和久

木村和久

 求むアジア&国内の美人ナビゲーター、是非現地に飛んで、サソリでも食べて下さいって、そうなるとやはり、イモトアヤコの仕事になるんだよなあ~。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中