スマホゲームとアダルトグッズは創造性を欠如させる原因に【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その103―

 足掛け2年、はまっていたスマホゲームの「ゲームオブウォー」も、ようやくピークを過ぎ、一時休戦となりました。あれだけ散々CMを流しているのに、同じゲームをやっている人に出会ったことがありません。本当に世界で何百万人もやっているんですかね。

スマホゲームとAVグッズは創造性を欠如させる原因に【コラムニスト木村和久】 なぜ休戦したか。それは新しいゲーム「ドミネーションズ」を始めたから。これは文明発展系ゲームで、時間を取られないから、いたって楽。しかもスマホにゲームをダウンロードせず、iPadのみでやるから、外出時は自由時間が多くなり、実にコンフォータブル。

 散々スマホゲームにはまりながら、言うのもなんですが、スマホゲームのやり過ぎは、創造性の欠如になります。どう欠如するのか説明するので、興味のある方は読んで下さい。

 スマホゲームに時間を取られると、人間のヒラメキの時間が減少します。クリエイティブタイムとでもいいましょうか、そういう大切な時間が、ゲームによって削られます。例えば社会人は、現在取りかかっている案件について、何かいいアイデアはないかなと、考えたりするじゃないですか。そういうのってトイレや風呂でゆったりしながら、あるいは通勤途中の電車で、柴犬を連れて散歩中とかに、アイデアが浮かんで来ます。ところが、そのヒラメキ時間にゲームをしてしまう。だからインスピレーションがわかないのです。暇潰しにゲームをやってたけど、その暇って、案外重要ってことですね。

 さて男はゲームにはまってヒラメキが少なくなったが、女性もゲームにはまるのでしょうか。それは結構ありで、特に負けず嫌いな性格の女性は、多額のお金をつぎ込んで、勝負アイテムを買い込み、ランクアップにいそしむといいます。これはホストクラブに入れ上げる構造に似てます。ゲームは男女共通の悩みという事で、話を落としますが、女性は、もうひとつ、ある電化製品の使用が、創造性を欠如させています。それはずばり大人のオモチャ、アダルトグッズです。今や有名通販サイトの、隠れナンバーワン商品が、アダルトグッズと聞いて、妙に納得しているこの頃ですから。

 忙しい仕事の合間、今日も終電間際に帰宅し、OLのお姉さんが、「あ~イライラする、ちょっくら抜いて寝るか」って、ウィーンウィーンすると気持ちいいし、寝付きもいい。まさにウィンウィンの関係ですね。どこがいけないかというと、人間のエロスは創造性があるから燃えるわけで、女性ならオモチャを使わずに、手ごねハンバーグよろしく、自分の手でおいじりなさるがよろしい。手でやるってことは、みだらな妄想を抱くわけで、それが人間のクリエイティブ性を生み出すってもんでしょう。

 おもちゃを使っている女性は、反応はいいけど、恥じらいとか、エロい雰囲気とかに欠けていると思う。例えばの例で恐縮だが、「どこ、気持ちいいんだ~」とか聞いても、オモチャ派はダンマリか、開き直って「○ま○こ」とか軽く言うし。段取りとしては、まず「恥ずかしくて言えない~」と答えなきゃ。そこで「分かってんだろう」「ダメ~、言えない」「おの次はまだろう」って、順序よく話を進めなきゃ。まあ最後のオチは「おまんじゅう」でしょうか?それじゃ鶴光のミッドナイトストーリーやおまへんか。じゃなくて、大人のオモチャに、はまってる女子は、昭和のエロさが少ない。恥じらいがとても重要と言いたいのです。

 けど男性でもそういうことは、あります。創造性の欠如があるのは風俗です。基本的にあそこは技を堪能する、一期一会の出会いですから。一方キャバクラは出会ってから口説くまで、キャバ嬢の乱れた姿を想像する楽しみがある。このコ実はエロいんやろうとね。

木村和久

木村和久

 個人的に好きなのは散々通って、ようやく1年越しに口説け、実に感慨深いという設定で、プレーすることです。「てめえ、こんなに金使わせやがって、このやろ~」「ごめんなさい、そんなに引っ張るつもりはなかったの~」「たんまりお礼さしてもらうで」「許して、なんでもするから~」というやりとりが、一番興奮するって、ほんまかいな。というわけで、お後がよろしいようで。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中