バリキャリOLにきいた“本当にイタい”合コン男たち「会計時の『女のコひとり1000円』は意味わかんない」

 ここ最近、SNSやニュースサイトのコラムでOLたちによる「合コン評」が盛んだ。有名企業社員と合コンしたOLがその様子をレポートしたり、「合コンで会ったイタい男」といったテーマでコラム連載を抱える現役OLが少なくない。

 だが、一口にOLと言ってもその立場や業界によって意見はさまざま。一般職事務の女性と、有名大学を卒業し、大手企業でバリバリ仕事をこなすOLが体験する合コンはまったく異なる。

 実は、巷に流れる「合コン評」のほとんどは前者に分類される。では、バリキャリOLの合コンとはどのようなものなのか。ひとつの事例として現役HipHopユニット「リーマンマイク」の女性メンバー、通称「OLマイク」にバリキャリOLのリアルな合コン事情を聞いてみた。

(Youtube: https://www.youtube.com/watch?v=lku8LzksCyw



あの超大手広告代理店との合コンやっぱり楽しい?「部署による」


――最近、ネットニュースで恋愛コラムや合コンコラムをよく見かけますよね。twitterでは合コンに行きまくってるという「キラキラOL」のアカウントが人気です。彼女たちは「商社はノリがいい」「外資は金持ち自慢ばかり」など、色々つぶやいています。こうした評価には共感できますか?

小石川:たしかに、金持ちアピールしてくる人とはよく会いますね。でも「金持ちアピール」って話が広がんないから困るんだよね。

OLマイクの2人。まりえってぃ(左)、小石川(右)

――どんなアピール?

小石川:1年前に合コンした総合商社の人は、自己紹介で「俺は港区にマンション持ってて、最近車も買ったんだよね。キミたちには絶対できない生活をしてる」っていきなり言ってきた。やたらと港区アピールしてきたんだけど、私も港区住んでるっていうね(笑)

まりえってぃ:で、さんざん金持ちアピールしてきたのに、会計時は「じゃあ、一人6000円でお願いします」。言われたときはその場で転げ落ちそうになった(笑) あの金持ちアピールはなんだったんだよ!

――超大手広告代理店との合コンは「チャラい」「金持ってる」「おもしろい」などの評価が飛び交っていますよね。彼らはおもしろいですか?

小石川:うーん、それは部署によるかな?

――なるほど。企業別の合コン評を聞かれて「部署による」って答えた人、初めてですよ! OB訪問じゃないんだから(笑)

小石川:だって、ほんとに部署によるもん(笑) あの代理店との合コンで女子がひとり3000円徴収されたこともあったし。

合コンで炸裂する「俺物語」


――ほかに気になる業界や会社は?

まりえってぃ:テレビ局! あの人たち、とにかく芸能人と会わせてこない?

小石川:それめっちゃわかる! こっちが頼んでもないのにすぐ会わせようとしてくるよね。

――印象的なエピソードは?

まりえってぃ:たまたま「●●(某キー局)」のバラエティ番組のプロデューサーと合コンしたことがあって。私の友だちが劇団ひとりに似てるって話をしたんですよ。そしたら、「じゃあ、劇団ひとりと今度飲む? 会わせられるよ?」って。別に会いたくねーし!(笑) その場で「いや大丈夫です」って答えたよ!

小石川:芸能人の話が出ると、すぐ会わせようとしてくるのが面倒くさかった。

まりえってぃ:テレビ局の人って、油断してると「あの芸人を見出したの、実はオレなんだよね」って、すぐに「俺物語」をしてくるよね

小石川:たしかに、「俺物語」あるわ(笑)

水槽系居酒屋は「魚がかわいそう」


――合コンのお店選びにポイントはありますか?

小石川:あんまりないですよ。最近も会社近くのチェーン居酒屋で飲んでたし。学生時代のノリで飲むのも全然アリ!

まりえってぃ:でも、最近のチェーン居酒屋って、店員が全然笑ってないんだよね。 だから飲んでるこっちも全然笑えなかった。あと、メニューが和洋混ざりすぎてて迷走を感じましたね。昔のイケイケのノリを取り戻してほしい。

――では、合コンでNGの店もない?

まりえってぃ:特にこだわりはないけど、私は「水槽系」だけはダメなんですよ。

――店内に水槽があって熱帯魚が泳いでるような店ですか? 青い照明が基調の。

まりえってぃ:そう! あれがホント無理! 魚がかわいそうで仕方ないんですよね。水槽で魚が気持ちよく泳いでるのに、自分たちのテーブルに鮮魚のカルパチョが運ばれてくるじゃないですか?(笑) 絶対最初はカルパッチョ! これだけ店内で魚泳がせといてカルパッチョ食わせるのかよ!って思う。むかし、そういう店の水槽で海ガメを見たことがあって。あれはほんとにかわいそうだったな…。

小石川:合コンって、みんな料理に手をつけないよね。だいたいコース料理だけど食べない。カルパッチョが出てきて、バーニャカウダが出てきて、メインで肉が出て、最後がパスタ。一応よそってやるけど女子も含めてホント誰も食べない(笑)

――料理はそこまでこだわらない?

小石川:うん。合コンのときはほとんど料理に手をつけないから、そこまで気を使わなくていいんだよね。飲めればいい!

――もう辟易している店はありますか?

まりえってぃ:和食居酒屋の「K」。とりあえずここってかんじで選ぶ男が多すぎる! LINEで店が送られてきたときに、「またKきたか…」って心のなかで何度叫んだことか(笑)

小石川:あ~。あるわ、あるわ。個室だから選ぶんだよね。

「おごって当然」は本当か


――合コンでは男性がいくら払うべきなのかよく争点になっています。「おごって当然」という言説もありますが、いかがでしょうか?

まりえってぃ:ぜんぜん割り勘でいい。元カレとも「キレイ割り」してたし。毎回払おごってもらう必要はないと思います。

小石川:うん。別にこっちも稼いでないわけじゃないから全然払う。ただ、一つだけ理解できないのが「女の子ひとり1000円だけいいっすか?」って徴収されるやつ。

まりえってぃ:あるある! 謎の「ひとり1000円」

小石川:「1000円くらいそっちが負担しろよ!」っては思わないけど、「1000円受け取ることで、あなたたちは女性たちに一体どんなブランディングがしたいの?」ってことは聞きたくなる。なのに、会計が終わったら「じゃあこのあと、二次会行こうよ、おごるから!」って誘ってくる。マジで意味がわかんない(笑) いま私たちに1000円払わせたのはなんだったんだ、みたいな。

――ほかに合コンで悪印象なのは?

まりえってぃ:私、合コン中にすぐモノマネをやっちゃうんですよね。その宴会芸が男性陣にバカウケするんですけど、ふとした時に「やべぇ、オレ今日来てよかった! めっちゃ楽しいわ~!」って言われると、なんか複雑な気持ちになる(笑) 本来は楽しみに来たはずなのに、楽しませる側になってて、もうその日の「キャスト」になってるんですよ。

――キャバ嬢っていうか女芸人みたいになっちゃうんですね…。ウザい絡まれ方もたまにありませんか? 酒をやたらと飲ませてきたり。

まりえってぃ:全然あるけど、とことん付き合うし、そういうのは私たちで全力でつぶす(笑)

――どうやって?

まりえってぃ:とにかく合コンは飲みまくりたい。だからノリが悪い男とかマジで萎えるんで飲ませます。私は二次会も全然付き合うし、ノリノリで行くんですよ。でも、最終的に男はいつも必ず一人はつぶれてる(笑) 逆に女子は3人全員生きてるってことが多いよね。

――たしかに、「Re:合コン歌」を聞くと、相当酒飲んでるんだろうなって伝わってきます。「まだまだ飲みたい!騒ぎたい!」って歌ってるし

まりえってぃ:そう。合コンは「一体感」が大事!

合コン後の理想的な口説き方


――合コン後の女の子へのアプローチについて聞きたいのですが。最近はランチやお茶をしようという誘い方もありますが、それはアリですか?

小石川:なし、なし! 私、昼デートって日光が眩しくて無理なんですよね。するなら絶対夜。そもそも、休日の昼間に人と会うのがキツい。普通に飲むのが一番です。

男が「コスパ」を言い出したら危険


――合コンで知り合ってからにすぐに付き合うこともありますか?

まりえってぃ:あったけど、今はやめました。2年くらい前の合コンで京大工学部卒の人と出会ったんですけど、彼の攻め方がロジカル口説きでヤバかった。私が「3回デートしてからじゃないと付き合わないことにしてる」って宣言したら「その3回というルールは何を根拠に言ってるの?」ってすぐに質問されて。

――なんて答えたんですか?

まりえってぃ:別に根拠なんてないから黙っちゃったんですよね。

――根拠なんてないですよね

まりえってぃ:そう。だからその穴をロジカルに突かれた(笑) 「じゃあ僕たちが今後どうなるか不確定にもかかわらず、これからデート3回分の時間とお金をお互い費やすってことだよね? その時間に仕事をしたり友だちと遊べたかもしれないのに」って。

――経済学でいう機会費用の話をし始めたわけですね

まりえってぃ:そうそう! それで、「結果が見えないのに、3回のデートっていうコストを払うのはお互い損じゃない? だったらすぐに付き合ったほうがその損を最小限にできない?」って反論されて。「た、たしかに…」って思ってすぐに付き合ってしまった(笑)

――説得されたわけですね。結果、スピーディに付き合うのはどうでした?

まりえってぃ:ぜんぜんダメ! すぐに別れた(笑) だから、男が「コスパ」の話をしてきたら危険。絶対ノらない!

<取材・文/日刊SPA!取材班>

リーマンマイク女子から聞いたバリキャリOLを読み解くキーワード


港区…一流企業の男たちが住んでいると自慢してくる場所。だが、同じく一流企業勤務のOLも住んでいるのでご近所さんだったりする

俺物語…合コン中、仕事の武勇伝や有名なプロジェクトを手がけた「俺」のストーリーを聞かせてくるさま。そのエピソードのこと。マスコミに多い

水槽系…金魚や熱帯魚が泳ぐ水槽が店内に設置されているレストラン風居酒屋。OLマイク小石川いわく、「バブル系サラリーマンはいまだにこういう店が一番イケてると思ってる」。

居酒屋K…首都圏・関西圏に展開する個室の和風居酒屋。客単価5000~6000円で無難なメニューが揃えられている。それゆえ合コンで安易に選ばれがち

キレイ割り…きっちり半分に割り勘にすること。女性を安めにする場合は「傾斜割り」などと言われる

ロジカル口説き…東大や京大の理系卒の男に多い口説き方。論理によって自分とセックスすることの合理性を説く。だが、論理だけで恋愛が上手くいくわけがなく、大抵はセックスするための方便として機能している

●公式Facebook https://www.facebook.com/Riemann.mic
●公式Twitter https://twitter.com/riemann_mic
●公式Instagram https://www.instagram.com/riemann_mic/

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中