蛭子能収「オレは孫より奥さんの方が好き」

蛭子能収のシロウト娘観察日記


 今どき素人娘の価値観を独特の物言いで、バッタバッタとなぎ倒す! 蛭子能収の連載コラム第4回を迎えました。

蛭子:どうも、漫画家の蛭子能収です。イヤー、若い女のコとのやり取りは、なかなか慣れないもんですね。

蛭子能収――そんなこと言いつつ、最近はじめたMC業で荒稼ぎを目論んでいるんですよね?

蛭子:エヘヘヘ。そうなれば最高なんですけどね。でも、実際にMCをやってみて芸人さんのスゴさがわかりましたよ。

――ほう、たとえば?

蛭子:今田さんとか、くりぃむしちゅーさんとか、タカアンドトシさんなんかは、本当に出演者をイジるのが上手いですよ。傷つけるようなイジり方じゃなくて、本当に頭が良いなあって。

――なるほど……っていうか、そんな上のほうを目指していたんですね。身のほど知ら……いやいや、何でもありません。ところで、今回のテーマを発表してください。

蛭子:今回は“家族”についてですね。オレからすると、異常に感じる家族像がけっこうありました。

――少子高齢化社会ですし、蛭子さんの時代とはちょっと違うかもしれませんね。どんなところが異常だと感じましたか?

蛭子:オレ自身も母親のことが大好きだったから、今でいうマザコンだと思うんだけど、それでもちゃんと自立しましたよ。でも「家ではお父さんに腕枕してもらって寝てる」って子がいたんだよね。20代も半ばに差しかかった女のコがですよ。こんな親離れ・子離れしていない親子って異常でしょう?

――それはちょっと危ない匂いがしますね。

蛭子:冷めている家族関係も嫌だけど、これだけベタベタしているのも気持ち悪いですよ。親が娘を私物化しているような気もするなあ。もっとひとりの人間として見るべきです。

――他に異常だと感じたエピソードはありますか?

蛭子:あとはね、「両親が3回離婚している」とか「父親がずっと単身赴任で、一度も一緒に暮らしたことがない」っていう子もいましたね。そういう家庭環境で育つと、いざ自分が家族を築くっていうときに苦労するんじゃないかと。実際にその子たちは男性恐怖症の気があったり、5股をかけたりしているから、恋愛にも影響はあるように思います。

――普通の家族の中で育つことで養われるものはあるんでしょうね。ちなみに、蛭子さんの家族はどうですか?

蛭子:オレは何と言っても奥さんが一番好き。よく「孫が一番かわいい」っていう人がいるけど、オレは断然奥さんなんだよなあ。

――おじいちゃんとかおばあちゃんに可愛がられるのって、子どもにとってはうれしいことだと思いますけどね。

蛭子:いや、夫婦仲が良いのが一番ですよ。そんな夫婦を見ることで、家族としても上手くいくと思います。だから離婚なんてしちゃダメだし、そもそも結婚するときに一生寄り添う覚悟がないとダメなんです。

――なるほど。つまり、子どものためにも、夫婦仲がいいことが一番いいってことなんですね?

蛭子:そういうこと。でも、オレの場合は、やっぱり奥さんのためなんだけどね。

――ああ、はい……。

 今回、蛭子さんの話した素人娘のエピソードは、web番組『シロウト女子のえびす裁判!』でご覧いただけます。68歳にして初めて蛭子さんがMCを務めた番組なので、ぜひチェックして笑ってあげてください。

<蛭子能収プロフィール>
1947年10月21日、長崎県生まれ。高校卒業後に上京し、看板屋・ちり紙交換・ダスキンのセールスマンなどの職を経て、1973年に漫画家デビュー。俳優やタレントとしても活躍中。

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中