紅白初出場の大原櫻子、誕生日の乃木坂46・生駒里奈は「本番が楽しみ」【第66回紅白歌合戦リハーサルレポ】

「第66回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、12月29日から東京・NHKホールにて始まった。ここでは、紅組として初出場し、前半戦で登場する大原櫻子と乃木坂46のリハーサルの模様をお届けする。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1019735

第66回NHK紅白歌合戦 紅組のトップバッターを務める大原櫻子は、音合わせの最中にもリラックスしていた様子。リハーサルを終えた直後の囲み取材では「緊張したんですけど、音がすごいきれいでした。会場入りするまで実感が湧かなかったので、リハーサルが始まったらいつもと空気感がまったく違っていてびっくり」と、紅白歌合戦の舞台に立てる喜びをひしひしと感じているようだった。

 また、気になる当日の衣装について「本番の衣装は水色で『瞳』という曲はストレートでまっすぐなイメージなので、デザインは神秘的で、飾ってないんですがキラッとした感じです。楽しみにしてることは……ぜんぶ! トップバッターなので自分の歌はもちろん、コラボやそのあとも楽しみです。来年は歌もお芝居も自分らしさを極めていけたらいいな」と意気込みを語った。

 そして、念願の紅白初出場となったのはアイドルグループ・乃木坂46だ。音合わせでは全員が終始緊張した表情で、紅白という特別な舞台に懸ける思いが伝わってきた。アンダーメンバーを含めた37人全員で舞台に立つということで、センターの生駒里奈は「いつもとはまったく違う空気感と緊張感で、フラッシュが本当に眩しい。リハーサルが終わった時に拍手をいただいて色んな方が祝福してくれて、本番がもっともっと楽しみになりました」とにこやかな笑みを浮かべた。

第66回NHK紅白歌合戦 続けて、この日ハタチの誕生日を迎えた生駒は「こういう特別な年末に、37人の顔と乃木坂の歌を届けられるのはうれしい。たくさんプレゼントをもらいました!」と気合十分。また、白石麻衣は「いつも以上に緊張した。しっかりみんなで気合を入れて最高のパフォーマンスをできたら」と話し、西野七瀬も「ファンの方はもちろん、おばあちゃんとおじいちゃんも喜んでくれたので、おじいちゃんとおばあちゃんのことを思いながら頑張りたい」と意気込みを語った。

 今年の赤組司会には女優の綾瀬はるか、白組司会にはV6の井ノ原快彦、総合司会には、4年連続となる有働由美子アナウンサーと通算5回紅組司会を担当した黒柳徹子が務める。 <取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平(24dakun)>

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1019706

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中