もし「ル・ペン大統領」が登場すれば、フランスは崩壊する!?

シリア難民大量流入やISによる連続テロに悩まされた’15年の国際社会。そんな今、極右が世界的に台頭したり、大国の強権外交が幅を利かせている!

敗北した国民戦線を侮れない理由


マリーヌ・ル・ペン党首

マリーヌ・ル・ペン党首

 テロの直接的な標的となったフランス。11月21日、フランス議会は「国家非常事宣言」を3か月延長することを決定。国境の封鎖やデモや野外集会は禁止、令状なしの家宅捜査・逮捕が可能な状態が続いている。そんな混沌とした仏国内で急激に影響力を伸ばしているのが、マリーヌ・ル・ペン党首率いる極右政党「国民戦線」だ。

 同党はイスラム過激派の市民権を剥奪し、出身国に送り返すことや、国境封鎖などを主張。一部の有権者から熱烈な支持を集めている。12月6日に行われた地方選挙の第1回投票では、全12地域圏のうち6地域圏で首位となる躍進ぶりを見せた。だが、2回目投票では、すべての地域で敗北する結果となり、安堵した人も多いはずだ。

 しかし、「今回の投票結果の推移には見逃せない点がある」と指摘するのは、欧州事情に詳しい日本経済大学教授の安井裕司教授だ。

「欧州ではグローバル化の影響で格差が拡大し、経済的に下層となった人々の受け皿として、反移民や反グローバリズムを主張する急進左派や、極右政党が躍進するという現象が起きていた。ただ、今回の地方選では、その下層の票が左派ではなく極右政党である国民戦線に集中した。危機感を抱いた社会党と共和党の2大政党が、第2回投票で苦渋の選択を行い、国民戦線の躍進を阻止した。こうした動きはこれまでなかった」

 オランド大統領率いる社会党は第2回投票の際に、国民戦線がリードする2地域圏で自党候補者の擁立を中止。共和党に票を集中させ、国民戦線の勝利を防ぐというなりふりかまわぬ行動に出た。積年のライバルに与してまでも排除する――それほど、国民戦線の躍進を脅威として捉えているのだ。

「地方選の影響が、大統領選びに直結すると考えるのは早計ですが、国内の状況を見る限り、国民戦線の台頭は偶然ではない」(安井氏)

 フランスでは’17年に大統領選が行われる。ル・ペン大統領が登場すれば、どうなるのだろうか。

「まず、国自体が壊れていく。自由や民主主義といったフランスを支えてきた価値観が崩れるわけですからね。また、国民戦線は反グローバル化や国家による経済統制を主張しています。危機感を抱いた企業が国外に逃げれば、経済的にも困難になる。フランスというEUの中心国が崩壊すれば、EUの理念にも亀裂が生じるはず」(同)

 すでに、シリア難民問題やISの度重なるテロに、EUの理念が歪み始めている。その先にあるのはEU解体なのか。

取材・文/SPA!世界情勢取材班 写真/Marie-Lan Nguyen
― 2016年は[左派・リベラル]全面崩壊の年になる! ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中