子供たちを容赦なく襲う、中国大気汚染の悲劇

 中国各地で深刻化する大気汚染だが、なかでも懸念されているのが抵抗力の弱い子供への健康被害だ。

子供という弱者から犠牲になっていくという社会でいいのか

子供という弱者から犠牲になっていくという社会でいいのか

 北京市在住のメーカー勤務・内田義隆さん(仮名・45歳)は話す。

「今、子連れ客が殺到しているのが小児科病院とショッピングモールです。鼻や喉をやられた子供たちが小児科に殺到し、周辺道路は駐車場の空きを待つ車で渋滞が巻き起こっている。ショッピングモールのキッズスペースは、大気汚染から逃れて子供が遊ぶことができる、シェルターと化している」

 ’14年に南カリフォルニア大学の研究チームが、中国で増加する早産が、大気汚染に関連しているとする調査結果を発表したが、最近では、妊娠を控える者さえ出始めている状況だという。

 インド紙『タイムズ・オブ・インディア』(12月8日付)は、中国で大気汚染が深刻化しはじめた11月末からの1週間、中国ECサイトでコンドームの売り上げの伸び率が、マスクや空気清浄機のそれを上回ったと報じた。この報道に関し、北京市在住の主婦・大西靖子さん(仮名・38歳)は話す。

「『大気汚染で外出できないから家でセックスするカップルが増えた』と面白おかしく報じられていますが、実際はもっと深刻。『こんな状況で子供なんか育てられない』と、避妊を選ぶ夫婦が増えたことが原因なんです」

 一方、子供を持つ中流層以上の世帯を中心に、綺麗な空気を求めて移住する動きが活発化しているという。中国人ジャーナリストの周来友氏はこう証言する。

「多くの富裕層が、リゾート地・海南島に一時避難している。移住できない北京市民は、比較的空気の綺麗な郊外の通州区に引っ越す人が増えている。大気汚染の悪化を受け、将来的には首都機能の一部が同区に移転されるという話もあり、周辺の不動産相場が上昇しています。さらに、同じマンションでは、上階に行くほど大気中の汚染物質濃度が低いとされているため、10階以下の部屋の空室が目立っています」

 中国の子供たちを蝕むのは大気汚染だけではない。広東省仏山市で貿易業を営む林田岳男さん(仮名・50歳)は言う。

「昨年、近所の子供たち数人が、次々に体調不良を訴えた。その後、親たちが調べた結果、遊んでいた公園の遊具から高濃度の鉛が検出され、体調不良の原因が鉛中毒であることがわかったそうです」

 11月には、深セン市の幼稚園で園児ら86人が一斉に体調を崩す事件が発生。お昼寝部屋の床が腐食し、ゴキブリやウジ虫などの巣窟となっていたことが原因だった。また、中国各地の小中学校では、陸上トラックに使用される化学物質が原因で、子供たちが鼻血や目眩、発疹などを発症する「毒トラック事件」も頻発しており、子を持つ親は気が休めない状態だ(『人民網』12月1日付ほか)。

「近所の主婦から最近、『せめて子供だけでも日本に移住させたい。不動産を購入したらビザが下りるのか』と相談を受けるようになりましたね。綺麗な空気と水を求めて、日本を目指す中国人も増えるでしょう」(前出の大西さん)

 一人っ子政策を廃止した中国だが、安心して子育てができる保障のない限り、当局の目論む「官製ベビーブーム」は失敗に終わることだろう。 <取材・文/奥窪優木>

週刊SPA!連載 【中華人民毒報
行くのはコワいけど覗き見したい――驚愕情報を現地から即出し

中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中