マエケンの契約が安いのは「体が小さすぎる」から!? リアルな海外の反応と、活躍へのカギを探る

 前田健太投手がロサンゼルス・ドジャースと8年総額$2500万ドル(約30億円)で契約――。2016年の球界は、この大ニュースから始まった。各メディアやネット上では「契約年数に対して金額が安い」という声を目にしたが、何故ここまで前田の契約が安くなったのだろうか? 海外の前田評を見ていこう。

前田健太

球界、そしてファンの期待を一身に背負う広島の絶対的エースとして活躍した前田健太

マエダは体が薄すぎる


 212ポンド(約96.1キロ)。これが前田の入団するドジャース選手たちの平均体重である。前田の身長182cm、体重81kgという数値は日本プロ野球では平均的な体格に見えるが、同じ日本人メジャーリーガーと比較してもあまりに薄い体だ、という指摘が米メディアのBleacher Reportではなされている。

 ドジャースの先輩でもある黒田博樹投手(広島)は93kg、前田より身長の低い田澤純一投手も約90kgと、第一線で活躍していたピッチャーは皆がっしりとした体格。もちろん、メジャーではジェシー・チャベス投手(アスレチックス)のように約72kgという軽い体重ながら活躍する先発投手もいるが、近年の日本人投手はダルビッシュ有投手(レンジャース)のように、もともと大柄でさらに体重を増加させた選手が活躍している。そんな彼でさえも、2015年はケガでシーズン全休という結果に。より日本人投手の「耐久性」が重要なポイントとしてスカウトは見ているはずだ。

マエダは良いコントロールだが…


 コントロールが自慢の前田。しかし、メジャー入り直近3年間の日本での成績を比較した場合だと、奪三振能力やコントロールは前田よりも田中将大投手(ヤンキース)の方が高く評価されている。

 武器であるスライダーは「メジャーの先発として平均以上」と評価を受けている一方、ストレートの平均球速が90マイル(約146キロ)という数字は、メジャーの右腕先発としてはやや物足りないモノ。こうした理由から、基本給が3.75億円/年と他の日本人メジャーリーガーと比べると見劣りする評価が下されたのかもしれない。

前田健太

前田健太の公式ブログより

“投手有利のメジャー”が前田の追い風に?


 前田にもチャンスはある。近年、MLB投手の平均防御率は年々減少の一途をたどっているからだ。野茂英雄投手がメジャーに移籍した1995年は平均防御率が4.45だったが、その10年後の2005年には4.29。2015年は3.96にまで数字は下がり、いわゆる「投高打低」現象が続いている。

 また、前田は日本では左打者を苦手としていたが、メジャーのストライクゾーンも年々左打者の外角が広く取られるよう変化している。昨年は、通算503HRのスラッガーであるデビッド・オルティーズ選手(レッドソックス)が試合中に外角のストライクゾーンが広いことに抗議し、主審に退場させられるという事件も起きた。

 1月4日時点ではまだ正式な入団アナウンスは出ていないが、契約内容に再度契約を結び直し、年俸を引き上げることが出来る「オプトアウト条項」が含まれている可能性もある。もし、斎藤隆投手(元ドジャースなど)がメジャーのストライクゾーンに適応したように、前田もメジャーに適応できれば評価を覆すことが出来るだろう。

取材・文/石橋和也(Far East Division

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中