「最初は『あぶない刑事』って間抜けなタイトルだと思いました」タカ&ユージが語る『あぶデカ』制作秘話

『あぶデカ』の愛称で30年にわたりシリーズ化されてきた刑事ドラマの金字塔が、ついにフィナーレを迎える。60代半ばとなった舘ひろし、柴田恭兵は、今回もアクションシーン満載の“タカ&ユージ”をどう演じたのか? 2人の熱い語りを読めば、もう「アラフォーはおっさん」なんて言ってられない!?

【インタビュー】舘ひろし&柴田恭兵(俳優) あの伝説のコンビが帰ってくる。スタイリッシュなファッション、ウィットに富んだセリフ回し、バイクやクルマ、拳銃など、こだわりのガジェット、そして全編にちりばめられたユーモア……。’86年に放映されたテレビドラマ『あぶない刑事』は、それまでのいたずらに重くシリアスな日本の“刑事モノ”とは一線を画し、多くのファンを獲得した。思春期の頃、タカ(舘ひろし)と、ユージ(柴田恭兵)の活躍に胸を高鳴らせた読者も少なくないだろう。30周年の節目となる今年、映画最新作『さらば あぶない刑事』を引っ提げ帰ってきた2人が、作品や演技論から人生論までを、ときにクールに、ときに洒脱に語り尽くした。

舘:今回の映画は、原点に戻りたい気持ちが強かった。ストーリーをしっかりつくって、その上にコミカルな部分を載せる……そういう意味では、1作目の映画に近いですね。

――すべての原点であるテレビシリーズは、当時の日本にはない新しいスタイルのバディモノでした。

舘:それまでの刑事モノって、義理人情や浪花節的な要素が入っていて、観る人の涙を誘うつくりになっていたけど、そういう時代じゃないな、って。そんな悲壮感を否定した初めての刑事ドラマが『あぶデカ』で、個人的に“文化的大事業”と思ってるくらい。刑事モノだから人が死ぬわけだけど、軽いジョークで悲しみを笑い飛ばして、乗り越えていく……『あぶデカ』以前には、こんな刑事ドラマはない。それに、カッコイイことに正面からこだわっていたのも、それまでにない試みだった。

柴田:カッコイイことはいいことだ、って単純に思ってたからね。上の世代は、「カッコイイことは、なんてカッコ悪いんだろう」って価値観だったけど、それは違うだろうって。そして笑い。カッコよくってユーモアもあるってすごく難しいことなので、とにかく数を打って当たればいい、と。台本を読んで、こうすれば面白いかもしれない、っていうアイデアはすぐ浮かぶんです。そこに舘さんが乗っかってくれて、膨らんでいく。まぁ、僕にすれば舘さんが笑ってくれたら、それでもう十分(笑)。

舘:だから、撮影がツラいんです。素で笑っちゃうから、カットが入る。本気で笑っちゃってるのを、そのまま使ったのも多いですよ。背中を向けたタカの肩が震えてたり(笑)。

柴田:観る人に向けてやっていたつもりですが、僕は舘さん一人に喜んでもらいたくてギャグを考えていたのかも。舘さんに受けたら、世界中に受ける確信がありますしね。

「あぶない」というタイトルがイヤだった


舘:そもそも『あぶない刑事』というタイトルがイヤで、『危険な刑事』にしろって言ったんだけど断られて……僕はフランス映画のような、フィルム・ノワールっぽい刑事モノになるんだろうな、って想定してたんです。だから、マイナー・キーで「冷たい太陽」を書いたら、全然違う(笑)。

柴田:僕も間抜けなタイトルだな、って思いましたよ、最初はね。その後、作品がヒットすると「あのタイトルをつけたのはオレだ」っていう人が、大勢出てきました(笑)。

――当時、2人は30代半ば。初共演するにあたり、ライバル心はなかったんですか?

舘・柴田:そりゃ、あったよね。

舘:役者としては真逆のタイプだし、もっとも遠い位置にいる2人。初めは正直、変な芝居をする役者だな、やりづらいな……って思ってました。ただ、一緒にやっているうちに、自分の気持ちが恭サマに対する嫉妬だとわかった。今思えば、『あぶない刑事』をやる前に、恭サマが主演した『チ・ン・ピ・ラ』という映画を観て、カッコイイなって。僕がカッコイイって思った初めての俳優なんですよ。

※このインタビューは1/5発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです <取材・文/齋藤武宏 撮影/大森忠明 ヘアメイク/熊田美和子(舘)、杵渕陽子(柴田) スタイリスト/中村抽里(舘)、越智雅之(柴田) 衣装協力/RYNSHU>

週刊SPA!1/12・1/19号(1/5発売)

表紙の人/ 乃木坂46(西野七瀬&生駒里奈)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中