「最初は『あぶない刑事』って間抜けなタイトルだと思いました」タカ&ユージが語る『あぶデカ』制作秘話

『あぶデカ』の愛称で30年にわたりシリーズ化されてきた刑事ドラマの金字塔が、ついにフィナーレを迎える。60代半ばとなった舘ひろし、柴田恭兵は、今回もアクションシーン満載の“タカ&ユージ”をどう演じたのか? 2人の熱い語りを読めば、もう「アラフォーはおっさん」なんて言ってられない!?

【インタビュー】舘ひろし&柴田恭兵(俳優) あの伝説のコンビが帰ってくる。スタイリッシュなファッション、ウィットに富んだセリフ回し、バイクやクルマ、拳銃など、こだわりのガジェット、そして全編にちりばめられたユーモア……。’86年に放映されたテレビドラマ『あぶない刑事』は、それまでのいたずらに重くシリアスな日本の“刑事モノ”とは一線を画し、多くのファンを獲得した。思春期の頃、タカ(舘ひろし)と、ユージ(柴田恭兵)の活躍に胸を高鳴らせた読者も少なくないだろう。30周年の節目となる今年、映画最新作『さらば あぶない刑事』を引っ提げ帰ってきた2人が、作品や演技論から人生論までを、ときにクールに、ときに洒脱に語り尽くした。

舘:今回の映画は、原点に戻りたい気持ちが強かった。ストーリーをしっかりつくって、その上にコミカルな部分を載せる……そういう意味では、1作目の映画に近いですね。

――すべての原点であるテレビシリーズは、当時の日本にはない新しいスタイルのバディモノでした。

舘:それまでの刑事モノって、義理人情や浪花節的な要素が入っていて、観る人の涙を誘うつくりになっていたけど、そういう時代じゃないな、って。そんな悲壮感を否定した初めての刑事ドラマが『あぶデカ』で、個人的に“文化的大事業”と思ってるくらい。刑事モノだから人が死ぬわけだけど、軽いジョークで悲しみを笑い飛ばして、乗り越えていく……『あぶデカ』以前には、こんな刑事ドラマはない。それに、カッコイイことに正面からこだわっていたのも、それまでにない試みだった。

柴田:カッコイイことはいいことだ、って単純に思ってたからね。上の世代は、「カッコイイことは、なんてカッコ悪いんだろう」って価値観だったけど、それは違うだろうって。そして笑い。カッコよくってユーモアもあるってすごく難しいことなので、とにかく数を打って当たればいい、と。台本を読んで、こうすれば面白いかもしれない、っていうアイデアはすぐ浮かぶんです。そこに舘さんが乗っかってくれて、膨らんでいく。まぁ、僕にすれば舘さんが笑ってくれたら、それでもう十分(笑)。

舘:だから、撮影がツラいんです。素で笑っちゃうから、カットが入る。本気で笑っちゃってるのを、そのまま使ったのも多いですよ。背中を向けたタカの肩が震えてたり(笑)。

柴田:観る人に向けてやっていたつもりですが、僕は舘さん一人に喜んでもらいたくてギャグを考えていたのかも。舘さんに受けたら、世界中に受ける確信がありますしね。

「あぶない」というタイトルがイヤだった


舘:そもそも『あぶない刑事』というタイトルがイヤで、『危険な刑事』にしろって言ったんだけど断られて……僕はフランス映画のような、フィルム・ノワールっぽい刑事モノになるんだろうな、って想定してたんです。だから、マイナー・キーで「冷たい太陽」を書いたら、全然違う(笑)。

柴田:僕も間抜けなタイトルだな、って思いましたよ、最初はね。その後、作品がヒットすると「あのタイトルをつけたのはオレだ」っていう人が、大勢出てきました(笑)。

――当時、2人は30代半ば。初共演するにあたり、ライバル心はなかったんですか?

舘・柴田:そりゃ、あったよね。

舘:役者としては真逆のタイプだし、もっとも遠い位置にいる2人。初めは正直、変な芝居をする役者だな、やりづらいな……って思ってました。ただ、一緒にやっているうちに、自分の気持ちが恭サマに対する嫉妬だとわかった。今思えば、『あぶない刑事』をやる前に、恭サマが主演した『チ・ン・ピ・ラ』という映画を観て、カッコイイなって。僕がカッコイイって思った初めての俳優なんですよ。

※このインタビューは1/5発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです <取材・文/齋藤武宏 撮影/大森忠明 ヘアメイク/熊田美和子(舘)、杵渕陽子(柴田) スタイリスト/中村抽里(舘)、越智雅之(柴田) 衣装協力/RYNSHU>

週刊SPA!1/12・1/19号(1/5発売)

表紙の人/ 乃木坂46(西野七瀬&生駒里奈)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中