中国がさらなる対日強硬姿勢を打ち出しかねない理由

シリア難民大量流入やISによる連続テロに悩まされた’15年の国際社会。そんな今、極右が世界的に台頭したり、大国の強権外交が幅を利かせている!

国内権力闘争と台湾総統選の行方


 日本やアジア情勢に大きな影響を及ぼすであろう中国・習近平政権の動きはどうか。中国問題に詳しい評論家の石平氏はまず、「’16年10月に開催される党中央委員会第5回全体会議(以下、5全中会)と、’17年党大会に向けた権力闘争に着目すべき」だと指摘する。

2016年は[左派・リベラル]全面崩壊の年になる!「5全中会では、’15年に終了した第12次5か年計画の総括が行われますが、習近平はそこで団派(胡錦濤派)を叩きのめしたいと考えているはず。また、’17年党大会では、高齢化が進む最高指導部の大幅刷新が予定されている。習近平と李克強以外は全員入れ替えですが、習近平としては自分の子分で指導部を固めたい意向がある。そのため、5全中会あたりから権力闘争が激化する」

 中国共産党の“伝統”として、権力闘争が激化すると対外的には強硬になる。外交的な勝利を納めれば、国内の支持を取り付けることができるからだ。

「南シナ海問題や対日外交、尖閣問題で、習近平政権がさらに強引な手を打ってくると考えられます。さらに’16年1月に台湾総統選があり、独立志向の民進党政権が誕生すると言われている。少しでも独立の機運が高まるようなことがあれば、中国共産党は台湾に対し、何らかの行動に出る可能性は高いでしょう」(石氏)

 一方、拓殖大学教授で中国事情に詳しい富坂聰氏も「中国は日本に対してより強硬な態度に出る」と予想する。

「中国は、’14年末くらいから、アメリカ外交の一環として日本と揉め事を起こさないように心がけていた。例えば、中国当局によるサンゴ密漁者への対応などもその典型だった。しかし、そうした流れに変化が起こっている。例えば、’15年11~12月にかけて日本の排他的経済水域での中国海洋調査船の活動が激増しています。また、南シナ海問題でもフィリピンと日本の合同海上演習に猛反発したり、中国の人工島造成で各国が反発するなか、日本だけを名指しで批判した。再び日本にちょっかいを出し始めています」

 台湾で反中機運が高まれば、台湾海峡や東シナ海における中国政府の挑発行動が新たに始まる懸念も捨てきれない。

取材・文/SPA!世界情勢取材班 写真/AFP=時事
― 2016年は[左派・リベラル]全面崩壊の年になる! ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中