男でもはけるユニクロの「レディースパンツ」は、見た目・防寒性もバッチリ

メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第57回目をよろしくお願いします。

冬も変わらずデニムだと寒くない?

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 新年明けましておめでとうございます。

 年が明けるとさすがに寒さも厳しく感じるもの。今年がいくら暖冬とはいえ耐えがたい寒さというもものは必ずくるものです。

 ……冬になるとやけに下半身が寒く感じませんか? 上半身はコートやダウン、マフラーやニットなどでガードするものの、ボトムスは春でも冬でも変わらずに「デニム」という人は多いのではないでしょうか。冬用のウールパンツもいいのですが、お店で買うとどれも高いものばかり。アローズやビームスなどで物色すれば1万円を超えること必至です。

 今日は格安で防寒性に富んだボトムスで、極上おしゃれなシルエットを出せる名品を紹介しましょう。

見た目・穿き心地・防寒性と3拍子揃った名品
WOMEN ボアスウェットパンツ 2,490円(+税)

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1023744

WOMEN ボアスウェットパンツ 2,490円(+税)

色はブラックがオススメ

 こちらがその名品。

「これレディースじゃん。レディースなんてキツくてはけないよ」と思うかもしれませんが、実はこのアイテム、男性でも問題なくはけるサイズ感で、形がスラックス並みにキレイなので、アパレル男子のなかで密かなブームになっているんです。

 レディースのパンツは基本的に男性には向いていません。大事な部分を収納するスペースがなく、お尻は余り気味なのに、全体は気持ち悪いくらいぴたぴたになってしまいます。「細くてキレイなパンツがほしい」と思ってレディース品を物色する人は意外と多いのですが、試着すると概ね使い物にならないのは、こういった理由からです。

 ところがこのスウェットパンツ、まるで男性のためにつくられているかのようにフィットします。ウエストまわりがゆったりで股上も深いため、大事な部分も目立つことなくしっかり収納できます。お尻も大きすぎることもありません。全体的に細いのですが、伸縮性があるため、さしてキツさを感じることもありません。「ぴたぴたのパンツをはいた気持ち悪い系男子」にならないのです。

スラックスをはいているような美しいシルエットに

着用写真。スラックスをはいているような美しいシルエットに

 着用写真では、見てのとおり形はスラックスのような美シルエット。だけど気持ち悪いほどのフィット感はありません。私は身長175m体重64kgくらいですが、サイズはなんとMを選んでもこの感じではけてしまいます。私は足が細いわけでもなく、どちらかといえば骨太でがっしりした足まわりですが、本当に女性向けにつくってるの? と思ってしまうくらいにフィットするのです。

 メンズで細身のパンツ、というとスキニーデニム一本になり、冬は寒くなかなか辛いものですが、このスウェットパンツなら裏にボアが敷きつめてあり、防寒性もバッチリ。「細身で形がキレイ、はき心地がいい、防寒性も高い」と三拍子揃った文句ナシの名品です。ぜひ試着してみてください。20代の若者だけでなく私のようにお腹が出てきてしまって「はき心地重視」な40代50代の方にもオススメです。値段も2490円(+税)。週末になると1000円台まで下がることも。このクオリティのパンツが1000円台で買えるのはユニクロならではでしょう。

 ちなみに着用写真で使っているアイテムですが、靴以外はメガネまで含めてすべてユニクロです。毎週日曜配信のメールマガジンではユニクロを使っておしゃれに見せるコーナーを連載中。気になる人はそちらもぜひチェックしてみてください。〈文/MB〉

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』が発売中

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中