プーチン大統領、北方領土を含む極東に次々と最新兵器を配備

 シリア難民大量流入やISによる連続テロに悩まされた’15年の国際社会。そんな今、極右が世界的に台頭したり、大国の強権外交が幅を利かせている!

北方領土を含む極東に次々と最新兵器を配備


 120人以上の死傷者を出したパリ同時多発テロは世界中の人々に衝撃を与え、国際社会の緊張は極度に高まりつつあるが、各国の政治状況にも不吉な変化をもたらしている。とくに不安や恐怖に訴えかける極右政治家や、強硬なナショナリズムを基盤にした強権政治家が勢力を強めつつある。

’16年に国際社会にどのような影響を及ぼすのか ウラジーミル・プーチン ISへの攻撃を口実にプレゼンスを高めているのはロシア。未来工学研究所研究員で、ロシアの政治・軍事に詳しい小泉悠氏はこう分析する。

「’16年9月にロシアでは下院選があるため、ウラジミール・プーチン大統領は国内の支持をさらに盤石にしたいと考えている。’14年にロシアがクリミアを編入した際、政権の支持率が上がりました。対外的にも強硬路線を貫く可能性が高いでしょう。ロシアでは退役将校連盟などが政治団体として力を握っていますし、兵士の家族まで合わせると軍は相当の票田です。そのため、対外的に勇ましいポーズをとることで支持を取り付けるのです」

 ロシアが敵視するのは、経済制裁で対立する欧米や、露軍機を撃墜したトルコだけではない。

「近年、中国や米国をけん制することを目的として、極東地域や北極圏で軍事的プレゼンスを高めています。’15年、カムチャツカ半島では最新型の弾道ミサイル原潜が配備され、北方領土に長距離地対艦ミサイルを配備する動きもある。軍にはオホーツク海を塞いでおきたいという意向があるようですが、その南の玄関となるのが北方領土です。’16年にプーチン訪日の実現に期待が集まっていますが、ロシアの国内政治を考えれば、簡単な妥協は難しい」(小泉氏)

 プーチン政権が’16年に国際社会にどのような影響を及ぼすのか、注視する必要がありそうだ。

取材・文/SPA!世界情勢取材班 写真/Presidential Press and Information Office
― 2016年は[左派・リベラル]全面崩壊の年になる! ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中