新年特大号――連続投資小説「おかねのかみさま」

みなさまこんにゃちは大川です。

連続投資小説『おかねのかみさま』17回めです。

お正月に1回分のオヤスミをいただきましたので、今回は
少し長めにお送りします。

※⇒前回「ライフプラン」

大川弘一「おかねのかみさま」〈登場人物紹介〉
健太(健) 平凡な大学生。神様に師事しながら世界の仕組みを学んでいる
神様(神) お金の世界の法則と矛盾に精通。B級グルメへの造詣も深い
死神(死) 浮き沈みの激しくなった人間のそばに現れる。謙虚かつ無邪気
美琴(美) 普通の幸せに憧れるAラン女子大生。死神の出現に不安を募らせる

〈第17回 得意料理〉
「美琴さん」

「はい」

「みんながやってること、みんなが幸せそうなことを目指すのは、これから不利になるんです」

「なんでよ」

「希少価値がないからです」

「しらないわよそんなの!あたしは彼ピッピにサーフィン連れてってもらうんだもん!彼ピッピが波にチャプチャプ浮かんでるのをゴールデンレトリバーのジャスティンちゃんと一緒に待つのがあたしの未来だったんだもんうぇーん」

「…」

「ンゴー」

「…」

「死神さん」

「ハイ」

「連れて帰ってあげて」

「エ-」

※   ※   ※

AM01:49

「ンゴー」

「…」

「チャプチャプ…」

「…」

「ンゴー」

「アノー」

「んぁ?」

「オウチドコ?」

「かいんずほーむの先のサンクスの次の信号まがったとこー」

「…」

「ンゴッ」

「タクシー!!!!」

「ご乗車ありがとうございます」

「カインズホームノサキノサンクスマガッタトコ」

「かしこまりました」

「ワカルノネ」

「この街で、わからないところは、ありませんから」

「カッコイイ」

「仕事ですから…」

「カッコイイ!!!」

「ハハハ…こちらですかね。それでは、1360円です」

「パスモ」

「はい。ピピ」

「アリガトー」

「お気をつけて」

AM 09:30

「…ん、」

「オハヨー」

「おはよう…ござい…え?」

「ウフ」

「!?え!えっと、シニガミさん?え?なんでここにいるの?」

「トマッタ」

「なんで!?え?なに?きのう私、サイゼリヤでワイン飲んで、そっからあれ?」

「オクッテキタ」

「あ、そ、そうでしたか、いや、ちがう、でもなんで泊まってるの?」

「ミコト、トマッテケッテユッタ」

「え…」

「ユッタ」

「そ、そうですか。忘れちゃってます。ごめんなさい。でもシニガミさん誠に申し上げにくいんですが、何かこう、私が寝てる間に何か変な…」

「ナイ」

「ほんとに?」

「ナイ」

「ぜったい?」

「タタミノホウデネタ」

「!!!そういえばちょっと顔に…畳の…」

「…」

「ありがとう…ございます」

「ウム。アサゴハンツクッタヨ」

「え!すごい!そんなわるいですよ。いや、わるくないか、もうわかんない」

「ダイジョブ。ドウゾ」

「焼き鳥とだし巻きとポテトと…からあげ?」

「ウン」

「あとこれなに?」

「チューハイ」

「あ、ありがとう。いただきます」

「イインダゼ」

「…」

「…オイシイ?」

「…ふ、ふつう」

「!!!」

「あ、ううん!おいしい!おいしいとおもうけど、まだ寝起きだから…」
「シクシク…」

「おいしい!すっごくおいしい!これとこれって親子だよね!」
「ザンコク…」

「あ、ごめんなさい」
「イイノ」

「…」
「…」

「あのー…」
「ハイ」

「どうしてこうなったんでしょう。私あれこれちょっとずつ思い出して来たんですが、これも波乱万丈な人生の始まりとして捉えたらいいんでしょうか。あとシニガミさんはこれからもずっと私を近くで眺めていろんなトラブルに巻き込まれるのを楽しんじゃったりする感じなんでしょうか」

「ン-」

「…」

「オカネノカミサマカラ」
「はい」

「オテガミヲ」
「はい」

「アズカッテイマス」
「おーーーー。見てもいいですか?」

「ドウゾ」

――――――――――
美琴さんへ

シニガミさんはこれからずっとあなたと一緒です。

おかねのかみさまより
――――――――――

美「これだけ!!?」

死「ツギ」

美「次!?」

――――――――――
美琴さんへ

この手紙を読んでいるということは、あなたはきっと

「これだけ!!?」

というツッコミをした直後でしょう。

テレビのバラエティ番組がひな壇タレントを便利に多用した結果、
美琴さんのような若者を中心に、
安易なツッコミをするだけのヒトが増えました。
その結果、ボケそのものも『ツッコミやすさ』が重視されるようになり、
その影響を強く受けた世の中の会話は、
いつのまにか間違い探しのように寒々しいものばかりになりました。

そんなクタびれた世の中で、
いま目の前でワインに呑まれてベロンベロンに突っ伏しているあなたは、
存在そのものが大ボケです。
人間らしく、だらしなく、荒削りであり、巨乳です。

あなたの人生にありきたりのツッコミをするだけの友人は、
一生つまらない間違い探しをあなたに仕掛けてくることでしょう。

そしていつの間にか、自分のやりたかったことを忘れ、
気がついたときにはあなたとの距離を妬むだけの人になるでしょう。

美琴さん。

ものの値段も、モテるという現象も、全ては需要と供給です。

波乱万丈が約束されたあなたの人生は、
このつまらない世の中で間違いなく希少価値のあるものになり、
優しさや人を助ける気持ちなどを身に付けたりしながら、
とても貴重な存在に育っていけることと思います。

そして幸運なことに、あなたの意思とは関係なく
あらゆる出来事に巻き込まれていくことが想定されますので、
勇気も決心も必要ないまま、
いつの間にか群衆を卒業していけることになるといいね。
と、心から成長を願っています。

ということでシニガミさんをよろしく

おかねのかみさまより
――――――――――

次号へつづく

【大川弘一(おおかわ・こういち)】
1970年、埼玉県生まれ。経営コンサルタント、ポーカープレイヤー。株式会社まぐまぐ創業者。慶応義塾大学商学部を中退後、酒販コンサルチェーンKLCで学び95年に独立。97年に株式会社まぐまぐを設立後、メールマガジンの配信事業を行う。99年に設立した子会社は日本最短記録(364日)で上場したが、その後10年間あらゆる地雷を踏んづける。

Twitterアカウント
https://twitter.com/daiokawa

2011年創刊メルマガ《頻繁》
http://www.mag2.com/m/0001289496.html

「大井戸塾」
http://hilltop.academy/
井戸実氏とともに運営している起業塾

〈イラスト/松原ひろみ〉

逆境エブリデイ

総移動距離96,000キロメートル! 大川弘一がフルスピードで駆け抜けた400日間全記録

この特集の記事一覧

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中