今までとは違う自分を! 40代オジサンがスポーツバーで女性に声をかけてみた

肉体的には下り坂、精神的にも社会的立場が固まり、周りの目が気になる40男にとって、新たな挑戦をするのは簡単なことではない。秘めた夢を叶えるためのラストチャンスに挑んだ

束の間のナンパ師気分は思ったよりも刺激的!


「簡単に成功したら苦労しないわ……」と斜に構えつつも、ナンパ記事を熟読している筆者の夢は、定番スポットへの挑戦。果たしてオッサンでもナンパできるのか!?

年齢層も幅広く、女性比率も高いスポーツバー。自然に話しかけるチャンスは多い

年齢層も幅広く、女性比率も高いスポーツバー。自然に話しかけるチャンスは多い

「モテない男のナンパ塾&婚活塾」主宰の藤田サトシ氏に話を聞いた。

「定番スポットでの声かけのコツは“風林火山”です。ジロジロ見ると反応が微妙になるので、相手選びは『徐かなること林の如し』に徹する。そして、一人になった瞬間に近づき、『疾きこと風の如く』となるのです」

 気をつけたいのは先に自己紹介や名刺交換をして「侵掠すること林の如し」にならないこと。誘える場面に到来するまでは「火」でいなくてはいけないのだ。

「『火』とは声をかける直前に笑顔になって、『オマエは俺の彼女だ』といった自己暗示を入れること。NOという言葉を誘発させてしまうリスクがあるので、質問はNG。年齢もこちらが上なので、こびへつらう態度では、たいした男じゃないという査定が下ります。話し方は上から目線が一番効果的なのです。そして、漫才の“ツカミ”と同じで、サプライズや女性がツッコミやすいアイテムを身につけておくこと。ナンパは出会いがしら7秒以内に決着がつきます」

今回は10年ほど前に買ったユニフォームを最初の“ツカミ”として用意した

今回は10年ほど前に買ったユニフォームを最初の“ツカミ”として用意した

 というわけで、筆者が向かったのはスポーツバー。この日はサッカーの国際試合が行われていたので、背後から女子に近づき、目の前でユニフォームを取り出して「一緒に応援しよ!」と声をかける作戦に出た。

 しかし、店内が混雑していることもあり、簡単にはお目当てのコに近づけず。体力の問題で筆者の「風速」も次第に落ちていく……。

 ところが、声かけ5人目で「それだいぶ前のユニフォームですね。いつのですか?」との反応が! 試合は終盤にさしかかっていたが、一緒に応援することができた。

 その後、SNSで繋がることにも成功。束の間のナンパ師気分は想像以上に刺激的だった。

●お手軽度とコスパはイマイチも満足度は高い

― 40男が[秘めた夢]に挑戦してみた ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中