40男の秘めた願望…「女装」に挑戦してみた

肉体的には下り坂、精神的にも社会的立場が固まり、周りの目が気になる40男にとって、新たな挑戦をするのは簡単なことではない。秘めた夢を叶えるためのラストチャンスに挑んだ

女装姿を撮影…女装子ブームの今ならオッサンでも始められる!


 世間でじわじわと市民権を得始めている「女装子」。しかし、さすがに年齢的に老いが出始める40代は厳しいか……?

必要な道具や衣装もすべて準備されているため、思い立ったらすぐに挑戦できる(画像はイメージです)

必要な道具や衣装もすべて準備されているため、思い立ったらすぐに挑戦できる(画像はイメージです)

「前々から願望はあったんですけど、さすがに40歳手前のオッサンが周りにバレないようにメイク道具やカツラを揃えるのは難しかったですね……」と語るのは、SEの水谷貴志氏(仮名・39歳)。そんな秘めた夢を実現させるべく向かったのは東京・四谷にあるレンタルブティック「リーフスタイル」。同店で毎週金・土・日曜日に行われる「女装子デイ」はオッサンで予約が満員になっているというのだ。40男の女装初心者は何を押さえればいいのだろうか。

「メイクに関してはマスカラとアイシャドーを濃くして、男性特有のゴツゴツした顔立ちを和らげるのがポイントです。衣装を選ぶコツは、上半身はふんわりとしていて、下半身は少しタイトなものを着ること。脚が細長く見えるので、男性でもボディラインをうまくごまかせますよ」

 ということで、さっそく、アドバイスを生かして水谷氏に挑戦してもらった。

「初心者コースはプロのヘアメイクさんもついて、衣装代、店内でのデジカメ撮影のセットで1万円と、思ったよりリーズナブルでしたね。初めて女装した自分を鏡で見たら、思わず美しさに惚れました。予想以上に完成度が高かったですね」

 と、水谷氏あらためミズコさんもご満悦な様子。同店は本業が貸衣装屋のため、かなり大柄な男性でも女装可能。OL系からゴスロリ系まで、女装子たちの願望を叶えているそうだ。

「人に見られてどうこうというよりも、自分の変化にドキドキしました。ちょっと割高ですけど、次は映像を撮って“演技”にも挑戦したいですね。自分のなかの理想の女にどれだけ近づけるかの過程が面白そうです」

 もちろん、女装といえども若返るわけではない。

「中年男性は年相応の“熟女装子”に仕上げてくれるんですよ! ただ、骨格的には男のままなので、女性っぽくするなら、もう少しダイエットしたほうがいいかもしれないですね」

 秘めたる思いを叶えたミズコさん。夢が成就したことで、想像以上にハマってしまったようだ。

●衣装・メイクを含め初心者からでもハードルは低い

― 40男が[秘めた夢]に挑戦してみた ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中