40代からの「萌えアニメ」入門。オッサンでも萌える!

肉体的には下り坂、精神的にも社会的立場が固まり、周りの目が気になる40男にとって、新たな挑戦をするのは簡単なことではない。秘めた夢を叶えるためのラストチャンスに挑んだ

40代からの萌えアニメ観賞


 クールジャパンとして世界的評価を受ける日本のアニメだが、それまで「萌え」などに興味がなかった40代はアニメを受け入れることができるのだろうか? ライター安田理央氏は、45歳になった3年前に萌えアニメを克服した。

『謎の彼女X』は主役が声優ではなく女優なのも、初心者の安田氏を魅了した

『謎の彼女X』は主役が声優ではなく女優なのも、初心者の安田氏を魅了した

「幼少期はアニメっ子で、松本零士先生らの作品に夢中。でも、“大人用”になってからの『エヴァンゲリオン』のような主人公がこじらせた中2病系がどうもダメで……。アニメ声や独特の言い回しもアレルギーで、一度離れてしまいました」

 それでも仲間の楽しそうな姿を見て、もう一度「萌え」を理解したいと一念発起。45歳のとき、先輩に薦められたラブコメアニメ『謎の彼女X』にドハマりした。

「絵柄が少し古くさいからオレのようなオッサンにも観やすく、唾液を交換することで意思疎通するという妙なエロさも面白くって。DVDも全巻購入して、何度も観直しちゃいましたよ」

 徐々にアニメ慣れしてくると、自ら「刺激が欲しい」と先輩たちに新たなオススメを要望するまでに。そしてついに萌えを理解する瞬間がやってくる。

「登場女性キャラクター全員が主人公を好きというハーレム系のアニメ『IS〈インフィニット・ストラトス〉』で、フランス人で男装のキャラクター・シャルちゃんが可愛くって。でも彼女がクライマックスにあまり出てこない! 途端にアニメがどうでもよくなり、監督にも怒りが……。そこで『あ、これがキャラ萌えなのでは!?』と気づいたんです」

 いったいどこまで萌え萌えなアニメが観られるか、チキンレースのような状態を楽しむのもポイントだという。

「テレビ録画なら無料だし、レンタルDVDは一枚100円程度。一話24分程度で、手軽なのもハマった理由の一つ。初心者は少し前の、評価が定まった作品から観るのがいいと思います」

●オッサンでも萌える! どこまで観られるかチキンレースを楽しむべし!

取材・文・撮影/加藤カジカ 古澤誠一郎 木谷誠(OfficeTi+) 林泰人(本誌)
― 40男が[秘めた夢]に挑戦してみた ―

謎の彼女X 1

“よだれが”、わたしと椿くんをつなぐ“絆”―――正体不明で予測不能な恋愛ストーリー

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中