世界一気持ち悪い男が「スローライフはモテる」を実践!?

 “世界一気持ち悪い男”改め“世界一前向きな男”地主恵亮氏が教える、人生を楽しむ方法。第2回は、都心から車で2時間ほどの、郊外からお届けします。

 皆さんこんにちは、最近は都心で働く人に向けた貸し農地が流行っているということで、山梨県の小菅村にやってきました。あそこで地主さんが野菜を収穫しているようです。少しお話を聞いてみましょう。

“世界一気持ち悪い男”、スローライフでモテる――こんにちは。精が出ますね。

「ありがとうございます。見てください、このダイコン!」

――これは立派だ。

「週末はだいたい畑いじりをしています。以前は外資系の金融機関で昼夜問わず働いていたのですが、虚しさを感じるようになり、仕事を少しセーブしました。週末はゆったりした時間を楽しむことにしています」

――スローライフというやつですね。

「人生の価値はお金だけじゃないんです。ほら、マツムシが鳴いている」

「地主」という苗字のために、「土地を持っているんですか?」と高確率で聞かれるものの、ベランダのプランターが唯一の所有地と豪語する氏。なぜ、わざわざ田舎まで足を運び、スローライフを楽しむ様子をSNSに投稿しては、「いいね!」を獲得しようとするのか。

 答えはやはり「モテたい」というまっすぐな下心であった。スローライフを売りにすれば女が食いつくと、氏は考えたのだ。

「スローライフを楽しむ人間は、お金持ちに決まっている」

 スローライフ=金持ち。つまり、スローライフはモテる。そう睨んだ地主氏は、早速行動に移したのだ。金はないし、仕事もないので、時間だけは売るほどあった。

 というわけで、先の写真は地主氏の偽装、もとい演出の元、綿密に作り込まれたものである。まずは、スーパーで野菜を買う。そして、田舎に行く。ポイントは、泥だ。買ってきた野菜に、泥を塗るのだ。農家で収穫され、洗浄され、綺麗な状態で出荷された野菜に、ふたたび泥を塗るのだ。

買ってきた野菜に泥を塗る。いじましい作業である

 それを目の前に掲げる。ここで、先ほどの写真をもう一度ご覧下さい。どうだろう。まるで、自分が丹精込めて育て上げた野菜のようではないか。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1025633

有機野菜などについている生産者写真をイメージしてください

 女性からの熱いアプローチはまだないが、スローライフを楽しんでいる自分はいつかモテるに違いないと地主氏は信じている。

「人生は発想次第で、いくらでも楽しくできるのです」

 氏のあくなき挑戦は、まだまだ続く。次回はどんなリア充に変身を遂げるのか、乞うご期待。 <取材・文/キンマサタカ>

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中