人は外国の出来事だと冷静にコメントできちゃうもの【ひろゆきのネット炎上観察記】

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

【イギリスのネット大炎上に、日本は冷静なコメント多数】

イギリスで、27歳の女性が自身の子供のために用意した300個ものクリスマスプレゼントを撮影し、フェイスブックに投稿。これが同国で非難殺到の大炎上に発展、日本のネット上でも話題だ。が、日本でのネット上のコメントは同国とは違い、「良いお母さん」「個人の自由だし」など、女性への批判よりも擁護するコメントが多くなっている傾向があった

写真はフェイスブックの「Emma Tappingコミュニティページ」より

写真はフェイスブックの「Emma Tappingコミュニティページ」より

他人事だと思えたりすると、冷静にコメントできるんですね


 イギリスで27歳のお母さんが、3人の子供に300個のクリスマスプレゼントを用意し写真をフェイスブックにあげたら、それが炎上したというのが、日本でも話題になったようです。「プレゼントを貰えない子供のことを考えろ」とか「こんなにいっぱい貰ったら、一つ一つを大事にしなくなる」とか、批判されまくっているわけですけど、そんな文句を言ってるのってイギリスの人が中心なんですよね。

 んじゃ、日本の人たちのコメントはどうかというと、「他人に文句言われることじゃない」とか「貧乏人の嫉妬怖いわ」とか「一個あたり800円と考えると可愛いもんだな」とか、だいぶ冷静にツッコんでいる感じだったりします。

 日本でもママタレントが食事の写真あげただけで「サンマの頭の向きが違う」とか「よくこれで載せようと思ったなぁ」とか「こんな母親に育てられてる子供がかわいそう」とか、他人の家のことでよくこんなに怒れるなぁ、と思うような炎上が起こりますけど、外国の出来事だと冷静にコメントできちゃうものなんですね。。。

 んで、なんで日本人同士だと冷静に見られなくてケチつけちゃうのかと考えたんですけど、批判とかマイナスな感情をぶつけるのって嫉妬とかが原因だったりするわけで、外国人相手だと自分たちとの違いが大きすぎてライバル視する対象にもならないので気にしないってことなのかもしれないですよね。。。

西村博之

西村博之氏

 あと、嫉妬で批判するんじゃなくて、単に「怒るのが趣味の人」が世の中にはちらほらいるってことに気付いたりしました。面白いものを読んだり楽しいものを見てれば有意義な時間が過ごせるのに、自分から腹の立つニュースを見に行って怒る人がネット上にはいるんですけど、そういう人って正義感が強くて自分は真っ当だと思っているタイプだったりして、怒ること自体を目的にしているとしか思えないんですよね。。。

 もちろん、他にも単に暇だからって人もいるんでしょうけどね。。。飲食店やカラオケ店とかの客足が減っていることからもわかるように、娯楽にお金を使えないからネットで暇つぶしって人は増えてますしね。。。

※1.27歳のお母さん
フェイスブックページで、『Emma Tapping』と名乗る女性。13歳、9歳、1歳7か月と、3人の子持ち。炎上に対し、「他人のことを批判したがる人が多いのにショックを受けている。私が自分の子供に何をあげるかは私の自由。あなたたちもしたいようにすればいいだけ」とコメントしている

※2.一個あたり800円
女性のコメントによれば、プレゼント300個の購入にかかった費用は、日本円にして約24万円だったとか……

※3.「サンマの頭の向きが違う」
’15年9月、民主党の蓮舫議員がツイッターに「釜石の恵!」というコメントと共に焼きサンマの写真を掲載。しかし、一般的な盛り付け方と違いサンマの頭が右に向いていたことから、「魚の置き方もわからないのか?」などなど大量の指摘が相次いだ

※4.「こんな母親に育てられてる子供がかわいそう」
’14年1月、女優でタレントの木下優樹菜さんのブログに投稿された料理の画像が酷いとしてネット上に生息する『鬼女』(既婚女性を示すネットスラング)から猛烈な批判を受けていた

【西村博之】
元ニコニコ&2ちゃんねるの管理人で、現4chan管理人。フランス在住の39歳

撮影/根田拓也
※「ひろゆきのネット炎上観察記」は週刊SPA!にて好評連載中

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中