早くも紅白出場宣言! NGT48劇場オープン初日ゲネプロレポート

 AKB48グループに昨年新たに加わった新潟県を本拠地とするNGT48。そんな彼女たちが、1月10日、新潟市内の複合型商業施設「LoveLa2」内に劇場をオープンさせた。日刊SPA!では、48グループに新たな風を吹き込む彼女たちの初日公演ゲネプロの様子をリポートする。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1027722

NGT48

NGT48が始動する!

 まず、オープニングムービーが流れるといきなりチームNⅢが結成されたことが画面上に発表され、「NGT48 チームNⅢ 1st公演 演目は…」との文字が。するとOvertureがかかりだし、その後「PARTY」の掛け声とともにメンバーたちが一斉に飛び出してきた。

 NGT48が最初の公演に選んだのは「PARTYが始まるよ」公演。AKB48がはじめて行った公演でもっとも歴史ある演目だ。そして、栄えある初日にチームNⅢとして舞台上に現れたのは、荻野由佳、小熊倫実、柏木由紀、加藤美南、北原里英、佐藤杏樹、菅原りこ、高倉萌香、太野彩香、中井りか、西潟茉莉奈、長谷川玲奈、本間日陽、村雲颯香、山口真帆、山田野絵の16人だった。

「PARTYが始まるよ」、「Dear my teacher」、「毒リンゴを食べさせて」の3曲を披露後、はじめての自己紹介を行う。

 自己紹介の最初を任された本間日陽は、「私はこのステージに、今日立てることがすごい嬉しいです。いままで支えてきてくださった沢山の方に感謝しながら、このステージを成功させたいと思います」と初々しくストレートな豊富を語ってくれた。続く、高倉萌香が自己紹介をすると、メンバーから「かわいい」との声が。これに虚をつかれたのか思わず高倉が驚く仕草をみせ、関係者からも笑いが漏れた。おかっぱ頭が特徴でファンの間でも妙に注目度の高かった高倉。当初から比べると確かに垢抜けた感じもあり、メンバーからも思わず声が漏れたのかもしれない。

NGT48

センターを務める加藤美南(左)と独特な魅力を持つ高倉萌香(右)

 MC後のユニット曲は、「スカート、ひらり」(加藤、太野、中井、本間、高倉)、「クラスメイト」(荻野、小熊、北原、長谷川、山口)、「あなたとクリスマスイブ」(柏木、佐藤)、「キスはダメよ」(西潟、村雲、山田)、「星の温度」(加藤、菅原、太野、高倉)という形で構成されていた。この組み合わせにキャプテンの北原は「スカート、ひらり」のユニットに入った中井が18歳だということを受け、「18歳の『スカート、ひらり』はセーフ。私も24歳でもしユニットがスカひらだったらどうしようと思ったけど、そんな器じゃなかった」と語り笑いをとり、柏木も「私も(スカひらだったらどうしようって)ちょっと思ってた」と漏らした。そんな柏木は、NGT48イチ歌がうまいと評判だという佐藤と「あなたとクリスマスイブ」を歌い、ハモリにも挑戦していた。

NGT48

新潟県の鳥・朱鷺を意識し、全体曲の衣装には羽根がつけられたとか

 その後「桜の花びらたち」をはさみ、公演本編最後のMCではセンターポジションを任されている加藤美南が「他のグループには負けないくらい大きな劇場になって、NGTが来年紅白に出場できるくらい大きく成長していければと思います。ここが自分たちのホームだと思って精一杯頑張るのでみなさん応援よろしくお願いいたします」と大きな目標を掲げた。これにはキャプテンの北原も「せっかくグループの色が赤と白なので紅白に出られるように」と後押しした。

NGT48

熱い思いを伝え、紅白出場宣言までしてみせた

 公演本編最後の曲「青空のそばにいて」では、キャプテンとしてメンバーを引っ張ってきた北原が涙を流すシーンも。北原自身はAKB48に加入。一時SKE48との兼任も経て、NGT48への完全移籍。長い道のりの先にたどり着いた新潟の地でついに劇場公演が動き出したことへの思いが溢れたようだった。

NGT48

思わず涙を流す北原里英

 その後、アンコールでは元々SDN48が歌っていた「佐渡へ渡る」を新潟のグループということで披露。しかし、この曲はSDN48が歌っていたこともあり、内容がセクシーなため高校生以上のメンバーでの披露となった。アンコールでは続いて「君のことが好きだから」「唇にBe My Baby」を16人で披露。「唇にBe My Baby」の曲中にはアクロバットが特技の加藤が側宙を決めてみせた。劇場限定とのことで新たな名物になりそうだ。

NGT48

側宙の瞬間。実物はぜひ劇場で!

 曲終わりには、北原がまだメンバーが足りないと研究生になった10人を呼び込み、26人全員で「NGT48」「桜の花びらたち」を披露して初日公演ゲネプロを締めくくった。

【NGT48 チームNⅢ 1st公演「PARTYが始まるよ」出演メンバー・セットリスト】
・チームNⅢメンバー
荻野由佳、小熊倫実、柏木由紀、加藤美南、北原里英、佐藤杏樹、菅原りこ、高倉萌香、太野彩香、中井りか、西潟茉莉奈、長谷川玲奈、本間日陽、村雲颯香、山口真帆、山田野絵

・研究生(アンコールのNGT48より参加)
大滝友梨亜、角ゆりあ、日下部愛菜、清司麗菜、高橋真生、中村歩加、奈良未遥、西村菜那子、水澤彩佳、宮島亜弥、

0、 Overture
1、 PARTYが始まるよ
2、 Dear my teacher
3、 毒リンゴを食べさせて
4、 スカート、ひらり
5、 クラスメイト
6、 あなたとクリスマスイブ
7、 キスはダメよ
8、 星の温度
9、 桜の花びらたち
10、青空のそばにいて
以下、アンコール
11、佐渡へ渡る
12、君のことが好きだから
13、唇にBe My Baby
14、NGT48
15、桜の花びらたち

取材・文・撮影/日刊SPA!取材班

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中