ラグビー女子“サクラセブンズ”の素顔「女性ばかりの集団なので、昔はいろいろありました」

 現在、にわかに注目を集めている、7人制(セブンズ)ラグビー女子日本代表、通称“サクラセブンズ”。チームを支える主将の中村知春選手、FWリーダーの冨田真紀子選手、京都大学文学部卒の頭脳派、竹内亜弥選手の「社会人組」にリオ五輪に向けてチームへの思いを聞いた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1028233
(中村知春選手&竹内亜弥選手の川柳で詠む「リオへの抱負」)


――10代から30代までと年齢の幅こそあるものの、女性ばかりの集団ならではの“難しさ”もありそうだがチームの雰囲気はどうか。

【冨田真紀子選手】五輪で世界一になって日の丸の国旗が掲げられる瞬間を見るのが、ずっと夢でした。せっかくリオ五輪に行けるなら、ドーベルマンみたいな鋭いタックルを連発し、自分自身で国旗が掲げられる瞬間を見たい

【冨田真紀子選手】五輪で世界一になって日の丸の国旗が掲げられる瞬間を見るのが、ずっと夢でした。せっかくリオ五輪に行けるなら、ドーベルマンみたいな鋭いタックルを連発し、自分自身で国旗が掲げられる瞬間を見たい

冨田:最近はいいですね。昔のほうがいろいろあったかも(笑)。

中村:個性的な選手が多いですが、年間200日以上も一緒にいると、もう家族みたいになりますね。

竹内:良いところもイヤなところもお互いにわかっている。例えば学校で同じクラスになっても絶対に友達にならないようなコが、同部屋でも全然大丈夫(笑)。

中村:よく「キャプテンとして何に気をつけていますか」と聞かれますが、特別に何かをしていることはないです。ほとんど同じようなメンバーで何年もやれば、みんなそのぶん成長するものですよ。

【中村知春選手】『週刊SPA!』にかけてみました。私たちが目指しているのは、運動量を生かした粘り強いディフェンスと世界一テンポの速いアタック。リオでは、魅力的なプレーでオジさんたちも惹きつけたいと思います(笑)

【中村知春選手】『週刊SPA!』にかけてみました。私たちが目指しているのは、運動量を生かした粘り強いディフェンスと世界一テンポの速いアタック。リオでは、魅力的なプレーでオジさんたちも惹きつけたいと思います(笑)

――リオ五輪出場を決めた直後には、セブンズワールドシリーズ(WS)初戦のドバイ大会に出場し、12チーム中9位に終わった。昨季3位のオーストラリア(0―43)や同4位のイングランド(0―35)には、大敗を喫してしまった。

冨田:私たちも成長していますが、世界はそれ以上に成長しています。

中村:五輪出場決定から中3日の試合で、フワッと入ってしまった部分はあった。ただ、この時期に世界のトップ4との差を知れたことはラッキーでした。

竹内:今回は負けましたが、この後も五輪までにWSで強豪と戦えるのは大きい。

中村:こんなことで、五輪でメダルを狙えるのかと言われるのはわかります。でも、去年の今ごろは本当に中国に勝てるのかとか、リオに行けるのか、と言われながらそれをことごとく裏切ってきたので、この先も大丈夫だと思います。

――自分たちの成長に驚き、楽しんでいるというサクラセブンズの3人。リオでは金メダルを目指し、そして世界を驚かせてほしい。

【竹内亜弥選手】「キラキラ」は、秩父宮で五輪出場を決めたセレモニーのときに舞ってきた金色の紙吹雪のこと。普通は気にせずに喜ぶと思うんですけど、あまりにキレイで上を見ていました。リオでまた紙吹雪を味わいたい!

【竹内亜弥選手】「キラキラ」は、秩父宮で五輪出場を決めたセレモニーのときに舞ってきた金色の紙吹雪のこと。普通は気にせずに喜ぶと思うんですけど、あまりにキレイで上を見ていました。リオでまた紙吹雪を味わいたい!

●サクラセブンズ今後の予定
女子セブンズ・ワールドシリーズ2015-2016

・ブラジル・サンパウロ大会(2月20~21日)
・アメリカ・アトランタ大会(4月8~9日)
・カナダ・ラングフォード大会(4月16~17日)
・リオデジャネイロ五輪(8月5日開幕)

取材・文/栗原正夫 撮影/佐野美樹 再構成/SPA!編集部
― 7人制ラグビー女子日本代表[サクラセブンズ]の素顔 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中