7人制ラグビー女子日本代表・サクラセブンズ【選手一覧】

 ラグビーW杯でのジャパンの大躍進により、昨年来、空前のラグビーブームが起こっている。だが、ラグビーをやっているのはなにも男子選手だけではない。現在、にわかに注目を集めているのが、7人制(セブンズ)ラグビー女子日本代表、通称“サクラセブンズ”だ。今夏のリオ五輪から正式種目となる7人制ラグビーでは、男子とともに、その女子も出場する。

日本ラグビーフットボール協会HP

日本ラグビーフットボール協会HPより

サクラセブンズの主なメンバー


竹内亜弥 (アルカスクイーン熊谷) 29歳 167㎝ 68㎏ FW
岐阜県出身。高校まではバレーボール部。京大文学部卒業後、新潮社入社と同時にラグビーを始める。’13年2月に代表デビュー。ポジションはプロップ。’14年から休職し、「リオが終わるまで」ラグビーに専念中

横尾千里 (東京フェニックス) 23歳 164㎝ 59㎏ FW/BK
小1でラグビーを始める。国学院久我山高時代は中学ラグビー部で男子部員と練習。スピードに乗ったタックルが武器。祖父の正人さん(故人)は明大OBで、元日本ラグビー協会事務局長。早大を経て、’15年から全日空勤務

冨田真紀子 (世田谷レディース) 24歳 170㎝ 68㎏ FW
岡山県生まれ千葉県育ち。跡見学園中3年から本格的にラグビーを始め、早大国際教養学部から’14年フジテレビ入社。父・隆示さんは,82年度の関西学院大ラグビー部主将、姉・彩紀子さんは’15年ミス・ユニバース・ジャパンのファイナリスト

鈴木陽子 (アルカスクイーン熊谷) 22歳 150㎝ 54㎏ BK
身長150㎝と小柄だが、初速のスピードとステップの切れ味は日本最強。横浜市汐入小5、6年と全国小学生タグラグビー大会を主将として2連覇した伝説のラガール。恐竜好きでオフは博物館に通う。立正大社会福祉学部4年

大黒田裕芽 (アルカスクイーン熊谷) 21歳 155㎝ 62㎏ BK
千葉県出身。身長155㎝と小柄ながらスピードある突破でサクラセブンズの切り込み役を担う。’14年夏に左ひざじん帯断裂の重傷を負ったが、見事復活した。予選の香港大会ではMVPに選ばれる活躍。立正大社会福祉学部3年

加藤慶子 (世田谷レディース) 27歳 162㎝ 61㎏ FW/BK
’07年、法大1年時に女子セブンズ日本代表に初選出。豊富な運動量でどこにでも現れるプレースタイルから“ゾンビ”の異名も。’12年4月に入社した三菱重工業では営業職を経て、福利厚生などの業務を担当する

鈴木彩香 (アルカスクイーン熊谷) 26歳 168㎝ 64㎏ FW
小3でタグラグビーを始め、翌年、本格的にラグビーに転向。中学時代はラグビーを続ける傍ら陸上部にも所属し、100mハードルで県大会優勝。ケガなどもあり、一時代表から離れていたが、一昨年復帰。関東学院大学、立正大学大学院を経て現在は立正大学職員

兼松由香 (名古屋レディース) 33歳 160㎝ 62㎏ BK
愛知県出身。5歳でラグビーに出合い、中高はラグビー部がなくソフトボール部に所属。スピードとキックが武器。チーム唯一の既婚者で8歳の娘を持ち、チームメートから「ゆかあさん」と呼ばれることも。愛知教育大卒業

桑井亜乃 (アルカスクイーン熊谷) 26歳 171㎝ 67㎏ FW
北海道幕別町生まれ。帯広農高では2年時に国体で円盤投げ5位入賞。中京大卒業後に本格的にラグビーを始め、,13年1月に日本代表初選出。自慢は前への突破と持ち前のパワーを生かして相手ボールを奪う“ジャッカル”。現在は埼玉県熊谷市の百貨店「八木橋」に勤務

小出深冬 (アルカスクイーン熊谷) 20歳 165㎝ 57㎏ BK
予選参加メンバーでは最年少の20歳。小2でタグラグビー(ひもをつけて行うラグビー)を始めて、中学時代は陸上部。東京学芸大で生涯スポーツを学ぶ2年生。背筋をピンと伸ばし、自慢のステップでの見事な突破はチームメートから“勇者モード”と呼ばれている

中村知春 (アルカスクイーン熊谷) 27歳 162㎝ 64㎏ BK
埼玉県出身。小学校から法大までバスケットボールを経験。電通東日本入社後にラグビーを始め、半年後の’11年秋には代表入り。’12年夏から主将を務め、現在、仕事は休職中。豊富な運動量とリーダーシップで「アニキ」と慕われる

山口真理恵 (ラガール7) 26歳 159㎝ 58㎏ BK
横浜市生まれ。小4でタグラグビーに出合い、中学時代は陸上200mで県の強化選手。高2で日本代表に初選出。高校卒業後はニュージーランド留学などを経て、OLと二足のわらじを履いていたが、昨年よりプロに転向。50m6秒6の俊足

★7人制ラグビーとは?
グラウンドは15人制と同じサイズで、1チーム12人で、試合は7人で行う。フォワード3人、バックス4人で編成し、交代は5人まで。試合は前後半7分ハーフ(15人制は40分)で、大会の決勝のみ10分ハーフで行うことが多い。一日に2~3試合をこなすのが通例。基本ルールは15人制とほぼ同じだが、スクラムを3対3で組むほか、少ない人数で広いスペースをカバーするため、15人制に比べてスピードや持久力が求められる。

取材・文/栗原正夫 撮影/佐野美樹 再構成/SPA!編集部
― 7人制ラグビー女子日本代表[サクラセブンズ]の素顔 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中