ビンス・シニアが描いた“あるシナリオ”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第11回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」WWEヒストリー第11回


 ペドロ・モラレスがWWWF世界ヘビー級王座を保持したのは、1971年2月8日から1973年12月1日までの2年10カ月間だった。

ビンス・マクマホン・シニア

ビンス・マクマホン・シニアが“第2次サンマルチノ政権”誕生のために描いたあるシナリオとは?(写真は『WWE Hall of Fame』オフィシャル・パンフレットより)

 王座獲得から1年7カ月後の1972年9月30日、ニューヨークのシェイ・スタジアムでブルーノ・サンマルチノとの“世紀の対決”が実現し、この試合は時間切れドロー――ニューヨーク市条例によるカーフュー(午後11時で興行中止)――でモラレスが王座防衛に成功した。

 いわゆる因縁ドラマではないベビーフェースとベビーフェースの紳士的な闘いだったから、同一戦から2週間後に開催されたマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦(10月16日)ではモラレスとサンマルチノがタッグを組み、“プロフェッサー”トール・タナカ&ミスター・フジが保持するWWWF世界タッグ王座に挑戦して反則勝ち(反則裁定のため王座移動なし)。ふたりのスーパースターの友情ストーリーをニューヨークの観客に印象づけた。

 この年、WWWFオーナーのビンス・マクマホン・シニアは、かつて犬猿の仲だったサム・マソニックNWA(ナショナル・レスリング・アライアンス)会長と和解し、それぞれの団体の配下選手の相互ブッキングをスタートした。

 NWA系テリトリーの主力メンバーが3カ月サイクルでWWWFエリアのツアーに合流し、WWWFの契約選手は東海岸エリアでのサーキットを終了するとNWA系テリトリーに“異動”。この交流路線をシステム化することによって、それぞれの団体がそれぞれの活動エリアでのカード編成とマッチメークの活性化を図った。

 70年代は東海岸エリアのWWWF、南部諸州と西海岸エリアのNWA、そして北部・中西部のAWA(バーン・ガニア派=アメリカン・レスリング・アソシエーション)のメジャー3団体による“不可侵条約”の時代だった。

 NWA加盟プロモーターとなったビンス・シニアはWWWF世界ヘビー級王座から“世界”の2文字を削除し、モラレスが腰に巻いていたチャンピオンベルトはそこはかとなくワールド・チャンピオンからWWWFチャンピオンに名称変更されたが、ニューヨークの観客はこのマイナーチェンジにはほとんど気づかなかった。

 感動の新チャンピオン誕生シーンから2年が経過した1973年になるとモラレスの人気は失速し、観客動員力の低下ははっきりと数字となって表れはじめた。ガーデン定期戦の常連層は、モラレスに対してサンマルチノを超えられなかった“代役のチャンピオン”というイメージを持ってしまった。

 ビンス・シニアの頭のなかにはあるシナリオが描かれていた。1973年11月12日のガーデン定期戦(メインイベントはモラレス対ラリー・ヘニングのWWWF選手権)のリング上で、次回定期戦(12月10日)の目玉カードとしてモラレス対ヘニングの再戦とサンマルチノ対スタン・スタージャックのシングルマッチが発表された。サンマルチノにとっては約1年ぶりとなるニューヨーク登場のアナウンスに観客は大きくどよめいた。

 それから約3週間後の12月1日、王座移動劇はフィラデルフィアのなんでもないハウスショーで起きた。メインイベントは、スタージャックがモラレスのWWWF王座に挑戦したタイトルマッチだった。

 モラレスがスタージャックをバックドロップの体勢で抱え上げると、スタージャックがコーナーのターンバックルを蹴った。両者ノックダウンとなり、レフェリーがすかさずダブル・フォールをカウントした。カウント3が入った瞬間、上になっていたスタージャックの右肩がかすかに上がった。そのまま試合終了のゴングが鳴った。

 そこにいた4500人の観客は、それが歴史的シーンだったとは知らずにアリーナをあとにした。タイトル移動のニュースが明らかにされたのは翌週放映分のテレビ番組の冒頭シーンだった。実況アナウンサーとしてマイクを握っていたのはビンス・マクマホン・ジュニア。約30年後に全米マット制圧を果たすビンスはまだ28歳だった。 (つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

この特集の記事一覧

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中