新成人メンバーに今年のSKE48のキーマンが!?【山下ゆかりインタビュー】

 今年、成人式を終えたSKE48メンバーに、初の「SKE48リクエストアワー」(以下、リクアワ)3連覇を期待されるメンバーがいる。それが山下ゆかりだ。’14年に行われたリクアワで、山下の歌う「虫のバラード」が1位を初めて獲得する。昨年は従来のトップ100という形式ではなく、「SKE48リクエストアワー 劇場公演楽曲セットリストベスト30 2015」「SKE48 リクエストアワー シングル・アルバム収録楽曲セットリストベスト30 2015」という2部構成で対象楽曲を分けた形で行われたが、劇場公演曲部門で見事1位を獲得。連覇を達成してみせた。そんな彼女に連覇への思いと、成人を迎えた年の意気込みを聞いた。

山下ゆかり。4期生として、14歳のときにSKE48に加入。’16年2月に20歳に

山下ゆかり。4期生として、14歳のときにSKE48に加入。’16年2月に20歳に

――まずは2連覇おめでとうございます。ゆかりスト(山下ゆかりのファンの総称)、’15年も力尽きなかったですね。

 ありがとうございます。そうですね(笑)。

――’15年もリクアワが決まったときは、ファンの方から1位をとろうみたいな声はあったの?

 ’14年は1位をとりたいとは自分からは言えなかったからファンの方が声をかけてくれたんですけど、’14年1位になって欲が出たのか、’15年は1位をとりたいって自分から言いました。でもそれは’14年があったから堂々と言えたんです。ファンの方もそうだけど、スタッフさんからもまた1位でみたいなって言ってもらえたので、自分から言っていいんだって思えたんです。

――1位を目指すことに遠慮がなくなったと?

 そうですね。だから’15年はすごく前向きに望めました。

――でも実際に2連覇達成となるとすごいですね。歌うのも気持ちよかったのでは?

 いつもは緊張やうまく歌わなきゃって気持ちが強かったけど、今回は心の底から気持ちよく歌えて。歌っている映像を終わったあとに少し見せてもらったんですけど、ニコニコしながら歌ってたんですよ。「虫のバラード」ってしんみりした曲だから、いつもはそれに添って表情を作ってたけど、楽しい感じが出ちゃいました。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1029085

確かに’15年はどこか表情も柔らかかった

確かに’15年はどこか表情も柔らかかった

――’15年は投票形式が違ったけど、シングル楽曲の1位をとった「夕立の前に」と比べてどうだったとか聞きました?

 それが聞いてないんです。私も知りたい(笑)。

――ぶっちゃけいままでと同じ形式だったら1位は厳しかったと思います?

 どうなんだろう。でも、’15年はリクアワ当日がちゅりちゃん(高柳明音)の誕生日だったり、(松井)珠理奈さんとかが「神々の領域」を歌いたいってファンの方に発信していたので、いままでの形式だったら厳しかったかもしれない。

――次は3連覇がかかってきます。どっちの形式がいいですか?

 それはわかれてないほうがいいですね。

――わかれてないうえで3連覇したいと。

 うん、3連覇するなら。’15年、1位になったことで3連覇ってよく言ってもらえるんですけど、そういう存在に自分がなれたのが嬉しい。みんながとれる位置にいると思ってるから言ってくれるわけで、そこに自分がいられるのは嬉しいです。いままでもトップ10には入ってたけど、そのままだったら言われないじゃないですか。’14年があったから期待してもらえるなっていうのがあるので嬉しいです。

――ゆかりストはリクアワに照準を合わせてるんですね。

 私が歌を好きで歌手になりたいって言ってるからそのステージを用意してくれるんじゃないかなって思います。

――これだけリクアワで強さをみせると総選挙への欲とかは出ないの?

 ランキングには入りたいですね。でもわかんないなぁ。難しい。目標としてはあるけど、私としてはリクアワを大事にしたい思いも強いので。

――ちょっと取り組み方が違うんですね。

 うーん。そういう部分ではファンの方も同じ気持ちなんだなって思いました。

――今年は成人式も終え、2月には実際二十歳になります。二十歳の意気込みは?

 負けない一年にしたいです。私、結構マイナス思考なんです。でも辛いときを乗り越えれば、後がよくなるとかあるじゃないですか。そういう感じで気持ちは負けない人になりたい。辛いときに飲まれないで次に繋げていけるようにしたいですね。

――他に今年やりたいことはある?

 遊び、仕事、勉強なんでもいいから曜日感覚も忘れるくらいスケジュールをパンパンにして自分を追い込みたいです。あと人に会う機会を増やしたい。去年はすごく人脈が広がって、あらためて人って支え合ってるんだって感じたんですよ。だから、人との繋がりを広げていきたいなって思います。

――いままではそこを気にしなかったんですか?

 気にしてなかったです。逆に苦手なことでした。人と接するのは。

――意外と人見知りなんですね。

 そうなんです(笑)。

――以前、ギターを練習しているといってましたが、いまもやってます?

 やってますよ。でもちょっと趣味みたいになってきてます。音楽が好きなのは変わらないんですけど。

――作詞作曲とかはしないんですか?

 私、実は恥ずかしいんですけど夜中にこそこそ作詞してるんです。夜ってちょっと悲しい気持ちになるじゃないですか。そういうときに携帯のメモに作詞したくなるんです。で、お昼の冷静な時間にノートに写して、ここちょっと違うなって書き直す。そのノートはまとめて残してるけど、これも趣味みたいな感じになってますね。

――詞に曲はつけないんですか?

 つけてないです。作曲能力はないから。つけてみてもどっかで聞いた感じになっちゃう。聞いたことあるメロディを使っちゃう。

――メンバーの誰かに曲をつけてもらえればいんじゃないですか? 楽器の得意なメンバーは他にもいますし。

 できますかね。考えてみようかな。

――最後に言い残したことがあれば。

 そうだなぁ。私、ある占いで今年大躍進するアイドル8位らしいんですよ。SKE48のなかだとトップ10にいたのは私だけで一番運勢がいいんです。だから今年はもしかしてと期待を抱いています(笑)。

――ではSKE48の今年のキーマンになると。

 そうそう。今年、二十歳にもなるからいい年になったらって思います。山下ゆかりが今年のキーマンになれたらいいですね。

取材・文・撮影/ヤスオ 写真提供/AKS(コンサート写真)

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中